Documentation

通知テンプレートの使用

店舗でのイベントに応じて、ユーザーに自動的にメール通知が送信されます。 送信するには、まず Notification Template を作成する必要があります。 通知テンプレートは、電子メール通知の送信者、トリガー、およびコンテンツを定義します。

注釈

Liferay Commerce の Notification を使用するには、まず Liferay システムのメール設定を行います。 詳しくは、 メールの設定 をご覧ください。

イベントトリガー

すべての通知テンプレートは、通知をトリガーするチャネルイベントを決定するタイプを持っています。 Commerceには、通知テンプレートとして以下のイベントトリガーがあります。

通知タイプ

イベント

注文済み

チャンネルに注文が入る。

注文処理

注文は現在進行中です。

注文は出荷待ちです

注文した商品は発送準備に入ります。

注文を一部出荷しました

注文商品は別送となります。

注文を出荷しました

注文が発送されました。

注文が完了しました

注文は配送され、完了と表示されました。

サブスクリプションを更新しました

契約更新が行われた。

サブスクリプションが有効になりました

サブスクリプションが有効になります。

サブスクリプションが中断されました

サブスクリプションは、ストアによるレビューまたはアクションを待って、中断されます。

サブスクリプションがキャンセルされました

購読を中止する。

通知テンプレートの作成

  1. Global Menu(Global Menu) を開き、 Control PanelCommerceChannels を開きます。

  2. チャンネル を選択し、 Notification Templates タブを表示します。

    チャンネルを選択し、Notification Templatesタブを表示します。

  3. 追加Add Button) をクリックします。

  4. テンプレートには、 名前説明 を入力します。

  5. イベントタイプを選択し、どのチャンネルイベントが通知のトリガーとなるかを決定します。 各テンプレートは、1つのトリガーしか持つことができません。

  6. スイッチを切り替えると、テンプレートが有効になります。

    名前と説明を入力し、イベントの種類を選択し、テンプレートを有効にします。

  7. [メール設定]で、通知の 送信者受信者 を入力します。

    テンプレート変数を使用すると、トリガーとなるイベントのデータを使用して、これらのフィールドに自動的に入力することができます。 詳しくは、 通知テンプレート変数リファレンスガイド を参照してください。

    メールの送信者、受信者を入力します。

  8. [メール内容]セクションで、メールの 件名本文 を入力します。

    テンプレート変数を使用すると、トリガーとなるイベントのデータを使用して、これらのフィールドに自動的に入力することができます。 詳しくは、 通知テンプレート変数リファレンスガイド を参照してください。

    メールの件名と本文を入力します。

  9. Save] をクリックします。

有効にすると、通知テンプレートはトリガーされたときに自動的にメールを送信します。 Notification Queue] タブには、トリガーされたすべての通知が、その送信者、受信者、イベントタイプ、ステータス、および優先度とともに表示されます。

注文のお知らせメールを見る

注文に関連するメール通知を追跡しています。 表示するには、 グローバルメニュー(Global Menu) を開き、 コントロールパネルコマースオーダー に移動してください。 注文を選択し、 Emails]タブをクリックします。 詳しくは、 ご注文について をご覧ください。

トリガーされた通知は、注文の[Eメール]タブで確認できます。

Commerce 2.0以前

Commerce 2.0以前でメール通知を作成するには:

  1. サイト管理コマース設定 に移動します。

    サイト管理」メニューを開き、「Commerce」の「Settings」に移動します。

  2. 通知] タブをクリックします。

  3. 通知テンプレート] サブタブをクリックします。

  4. 追加(Add icon) をクリックして、新しい Notification Template を作成し、次の情報を入力します。

    • 名前 :新規注文

    • 説明 :新規注文テンプレート

    • アカウントグループ :(空白のままにするか、 オプションの アカウントグループを指定します)

    • 送信者メールアドレス :ストアのメールアドレス(例: orders@yourstore.com

    • 送信者名 :ストアまたは顧客サービス担当者の名前

    • タイプ : 注文済み

    • Enabled : トグルを YES に切り替えます。

    • 件名 :メールの件名(例: ご注文を受け取りました

    • 本文[%ORDER_CREATOR%][%ORDER_ID%]などの変数を使用して、それぞれ顧客の名前と注文IDを表すことができます。 詳細は、通知テンプレート変数リファレンスガイドを参照してください。

    通知テンプレートの作成と設定は簡単です。

  5. 保存] をクリックします。

通知テンプレートで、注文を受けた際に自動でメールを送信するようにしました。 テンプレートを作成すると、注文が入るたびに、新しい通知が通知キューに追加されます。 これを見るには、注文後に Notifications Queue サブタブを確認します。 デフォルトでは、Liferayインスタンスは15分ごとにキューをチェックし、未送信の通知を送信します。 間隔を変更する方法については、コマース通知キューの構成参照してください。

追加情報