Documentation

ゲストチェックアウトの有効化

ゲストチェックアウト機能は、チャネル ごとに有効にすることができ、ユーザーはサイトに登録されたアカウントがなくても注文を出すことができます。

ゲストチェックアウトを有効にする:

  1. グローバルメニュー] → [コマース] に移動します。

  2. [Store Management] の下にある [チャネル] をクリックします。

    CommerceグローバルメニューでCommerce設定にアクセスします。

  3. 目的のチャネル(たとえば、 Everest Portal)をクリックします。

  4. [一般] タブの [注文] セクションで、 [ゲストチェックアウト] トグルを[有効]にスライドさせます。

  5. 保存] をクリックします。

    ゲストチェックアウトの有効化

ゲストチェックアウトが有効になりました。

ゲストのお客様は、ログインせずに商品をカートに入れ、チェックアウトに進むことができるようになりました。 [送信] をクリックすると、チェックアウトの過程でEメールアドレスの欄が表示されます。

Eメールアドレスの欄は、最初のチェックアウトプロセスで表示されます。

ゲストとして続行するオプションを追加する

顧客がゲストユーザーとしてチェックアウトプロセスを続行できるようにするには、別の認証ページを作成して、ゲストユーザーがいくつかのチェックアウトオプションを利用できるようにします。

  • アカウントを持っていればサインインできます。 過去の注文も含めて、すべてのアカウント情報を確認することができます。

  • 新しい顧客の場合は、新しいアカウントを作成することができます。

  • ゲストとして、取引を完了するために必要なデータのみを入力して続行できます。 後から登録することも、今すぐログインすることもでき、今後の注文をより簡単に行うことができます。

顧客は、サインインするか、ゲストとして継続するかを選択できます。

以下の手順で、この認証ページを生成します:

  1. グローバルメニュー] → [コマース] に移動します。

  2. [Store Management] の下にある [チャネル] をクリックします。

    CommerceグローバルメニューでCommerce設定にアクセスします。

  3. 目的のチャネル(たとえば、 Everest Portal)をクリックします。

  4. [一般]タブのヘルスチェックセクションで、ゲストのチェックアウト認証の横にある [問題の修正] をクリックします。 これにより、ゲストとしてサインインするオプションを含む新しい認証ページが作成されます。

    CommerceグローバルメニューでCommerce設定にアクセスします。

  5. 完了したら、再度[保存]をクリックします。

Commerce 2.1以前

ゲストチェックアウトを有効にする:

  1. コントロールパネル] → [コマース] → [チャネル] に移動します。

  2. 目的のチャネルをクリックします。

  3. [一般] タブの [注文] セクションで、 [ゲストチェックアウト] トグルを[有効]にスライドさせます。

  4. 保存] をクリックします。

    ゲストチェックアウトの有効化

ゲストチェックアウトが有効になりました。

ゲストのお客様は、ログインせずに商品をカートに入れ、チェックアウトに進むことができるようになりました。 [送信] をクリックすると、チェックアウトの過程でEメールアドレスの欄が表示されます。

Eメールアドレスの欄は、最初のチェックアウトプロセスで表示されます。

続ける前に、有効なEメールアドレスを含む連絡先情報を入力する必要があります。