Documentation

関連商品、アップセル、クロスセル

関連商品は、商品を結びつけるのに使用できます。 関連付けると、商品には他の商品へのリンクが表示されます。 すべての関連商品を関連商品タイプに割り当てる必要があります。 その後、これらの商品は、適切なタイプのソースデータに設定された[商品パブリッシャー]ウィジェットで表示できます。

商品詳細ページに複数の[商品パブリッシャー]ウィジェットを配置すると、関連する商品の複数のセットを表示できます。 たとえば、あるウィジェットには、ページにメインに掲載されている商品の代替品である商品のセットを表示し、別のウィジェットには、メインの掲載商品の付属品を表示できます。

注:サイトがアクセラレータを使用して構築された場合は、いくつかの関連商品タイプが既に配置されています。 デフォルトの関連商品のリストは次のとおりです。

  • アップセル :掲載商品に相当するが、販売価格がより高い商品を表示します。

  • スペア :掲載商品のスペア部品またはコンポーネントを表示します。

  • 関連 :キャッチオールセット。

  • アクセサリ :掲載商品と組み合わせて使用するアドオン商品を表示します。

  • クロスセル :掲載商品を補完する商品を表示します。

関連商品:ブレーキローターとブレーキ液

上の画像では、2つの関連商品が下部の[商品パブリッシャー]ウィジェットに表示されています。 他のタイプの商品関係で設定された[商品パブリッシャー]ウィジェットをさらに追加するオプションがあります。

新しい関連商品タイプの追加

必要に応じて、商品関係タイプをさらに追加できます。 これには、保証などの無形商品が含まれます。 新しい関連商品を追加するには:

  1. グローバルアプリケーション] メニュー → [コントロールパネル] → [システム設定]に移動します。

  2. コマース] セクションで [カタログ] をクリックします。

  3. 左側のメニューで [Product Relations] をクリックします。

  4. 追加] ボタンをクリックします。

  5. タイプ] フィールドに新しい商品関係を入力します(保証)。

  6. 保存] をクリックします。

    新しい関連商品の作成

新しい関連商品タイプが追加されました。

商品間の関係の作成

  1. グローバルアプリケーション メニュー → [コマース] → [商品] に移動します。

  2. 商品を選択します(たとえば、 Brake Pads)。

  3. Product Relations] サブタブをクリックします。

  4. 左側のメニューで、 [Related] をクリックします。

    関連メニュー

  5. (+)ボタンをクリックして、1つ以上のリレーションシップを追加します。 この例では、 [Brake Rotors] と [Brake Fluid] です。

  6. 追加] をクリックします。

    2つの商品を追加する

これらの2つの商品が Brake Pads に関連付けられました。 この関係は単方向であることに注意してください。 つまり、 Brake Pads を表示すると、新しい商品関係が表示されますが、 Brake Rotors または Brake Fluid の商品を表示すると、 Brake Pads は関連商品としてリストされ ません

商品関係を作成したら、[Product Publisher]ウィジェットを設定して関係を表示します。

関連商品の表示

[商品パブリッシャー]ウィジェットを設定することにより、商品表示ページに商品関係を表示できます。 最初に 商品表示ページ を用意する必要があります。

  1. 商品を検索します(たとえば、 Brake Pads)。

  2. Brake Pads] をクリックして商品の詳細を表示します。

  3. ページの一番下までスクロールして、 [商品パブリッシャー] ウィジェットにリストされている関連商品を表示します。

    設定メニュー

  4. 3ドット アイコン([オプション])→ [設定] をクリックします。

  5. Data Source] ドロップダウンメニューから [Product Relations related] を選択します。

    データソースを選択

  6. 保存] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    関連商品:ブレーキローターとブレーキ液

上記の例は、さまざまな商品がどのように関連しているかを示しており、お客様は、有用な可能性のある全範囲商品を確認できます。

Commerce 2.1以前

新しい商品関係タイプの追加

必要に応じて、商品関係タイプをさらに追加できます。 これには、保証などの無形商品が含まれます。 新しい商品関係を追加するには:

  1. コントロールパネル] → [設定] → [システム設定] に移動します。

  2. コマース] セクションで [カタログ] をクリックします。

  3. 左側のメニューで [Product Relations] をクリックします。

  4. 追加] ボタンをクリックします。

  5. タイプ] フィールドに新しい商品関係を入力します(保証)。

  6. 保存] をクリックします。

    新しい商品関係の作成

新しい商品関係タイプが追加されました。

商品間の関係の作成

  1. コントロールパネル] メニュー → [Commerce] → [商品]に移動します。

  2. 商品を選択します(たとえば、 Brake Pads)。

  3. Product Relations] サブタブをクリックします。

  4. 左側のメニューで、 [Related] をクリックします。

    関連メニュー

  5. (+)ボタンをクリックして、1つ以上の関係を追加します。 この例では、 [Brake Rotors] と [Brake Fluid] です。

  6. 追加] をクリックします。

    2つの商品を追加する

これらの2つの商品が Brake Pads に関連付けられました。 この関係は単方向であることに注意してください。 つまり、 Brake Pads を表示すると、新しい商品関係が表示されますが、 Brake Rotors または Brake Fluid の商品を表示すると、 Brake Pads は関連商品としてリストされ ません

商品関係を作成したら、[商品パブリッシャー]ウィジェットを設定して関係を表示します。

商品関係の表示

[商品パブリッシャー]ウィジェットを設定することにより、商品表示ページに商品関係を表示できます。 最初に 商品表示ページ を用意する必要があります。

  1. 商品を検索します(たとえば、 Brake Pads)。

  2. Brake Pads] をクリックして商品の詳細を表示します。

  3. ページの一番下までスクロールして、 [商品パブリッシャー] ウィジェットにリストされている関連商品を表示します。

    設定メニュー

  4. 3ドット アイコン([オプション])→ [設定] をクリックします。

  5. Data Source] ドロップダウンメニューから [Product Relations related] を選択します。

    データソースを選択

  6. 保存] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    商品関係:ブレーキローターとブレーキ液

上記の例は、さまざまな商品がどのように関連しているかを示しており、お客様は、有用な可能性のある全範囲商品を確認できます。