Documentation

代替品

商品はライフサイクルを経て、最終的に販売終了(EOL)を迎えます。 商品によっては、完全に製造中止となるものもありますが、より新しく、より良い商品を購入者に提供するために、代替品を用意することもあります。 代替品 を使用すると、購入者を代替品に誘導し、潜在的な損失を抑制することができます。

注釈

代替品は、Liferay DXP 7.4以降 /Commerce 4.0以降で利用可能です。

機能概要

製造終了した製品を見る

すべての製造中止品には、その状況とともに、現在の在庫状況を示すラベルが貼られています。 [Replacement Product] ボタンで、交換用の商品詳細が表示されます。 [Replacements] セクションは、ユーザーを代替品に誘導します。

製造中止品には、代替品の情報が表示されます。

注文のインポート中に製造中止品の置換

CSVファイルやウィッシュリストからインポートされた注文に生産中止品が含まれていた場合、その代替品に置き換わります。 製造中止品は、在庫がある場合やバックオーダーを許可している場合は交換しません。

新たに置換列が設けられ、置換された製造中止商品が表示されるようになりました。

SKUを製造中止としてマークする

商品が製造中止になったとき、または廃止するとき、そ商品を製造中止としてマークすることができます。

  1. グローバルメニュー を開き、 [コマース] → [Products] をクリックしてください。

  2. 中止する商品を選択します。

  3. SKUs] タブをクリックし、SKUを選択します。

  4. End of Life] セクションで、 [Mark the SKU as Discontinued] オプションを有効にし、適切な日付を選択してください。

製造中止日を入力し、SKUを製造中止としてマークする。

重要

この日付は情報提供のみを目的としており、商品詳細ページに表示されます。 製造中止を予定するものではありません。

代替品の設定

製造中止品の代替品を設定することは任意です。 その後、お客様は製造中止品のページから代替品に誘導されます。

  1. Replacement] の検索バーで検索して、SKUを選択します。

  2. Publish] をクリックします。

製造中止品のページでは、代替品に誘導しています

バックオーダーが有効な場合、または在庫がなくなるまで購入可能で、それ以降は[カートへ追加]ボタンが無効になります。 ユーザーは有効な[Replacement Product]ボタンをクリックして、代替品を表示することができます。 商品詳細ウィジェットに代替品のセクションがあり、代替品が表示されます。

代替品チェーン

代替品はチェーンに対応しています。

代替品はチェーンに対応しています。 商品Bが商品Aの代替品となり、商品Cが商品Bの代替品となる場合、AとBの両方が品切れでバックオーダーができないときは、商品Cが商品Aの代替品となります。