Documentation

サブスクリプション管理リファレンスガイド

サブスクリプションは グローバルアプリケーションサブスクリプション メニューで管理されています。 この記事では、 サブスクリプション メニューで使用できるさまざまな機能とフィールドについて説明します。

5つのフィールドがあります。

フィールド

説明

ID

これはサブスクリプションのIDです。

状態

ステータスは注文のステータスを表示します

注文ID

これは、サブスクリプションに基づく注文IDです。

アカウントID

アカウントIDは、サブスクリプションを作成したアカウントに対応しています。

アカウント名

アカウント名はアカウント名に対応します。

Commerce 2.1以前

サブスクリプションは コントロールパネルサブスクリプションメニュー管理されています。

コントロールパネル] → [コマース] → [サブスクリプション]に移動します。

サブスクリプション管理

5つのフィールドがあります。

フィールド

説明

ID

これはサブスクリプションのIDです。

状態

ステータスは注文のステータスを表示します

オーダーID

これは、サブスクリプションに基づく注文IDです。

アカウントID

アカウントIDは、サブスクリプションを作成したアカウントに対応しています。

アカウント名

アカウント名はアカウント名に対応します。

サブスクリプションの ID をクリックして、サブスクリプション注文の詳細を表示します。

全般発送支払い の3つのタブがあります 。

[一般]タブ

全般 タブには、サブスクリプション 注文基本的な詳細が含まれています。

参照順序

Reference Order セクションには、注文に関する 情報が表示されます。

支払いセクション

支払いサブスクリプション

Payment Subscriptionセクションでは、次の情報を追跡します。

参照

フィールド

説明

状態

これはサブスクリプションのワークフローステータスです。

次の反復日

これは翌日の支払い期限です。

サブスクリプションタイプ

これは、サブスクリプションのタイプです。

サブスクリプション期間

これは、出荷の間隔を指します。

モード

これは、間隔がマークされた日付を指します。 ユーザーは、オプションとして月の正確な日または 月の最後の日 を選択することもできます。

配送サブスクリプション

配送サブスクリプション セクションは、次の情報を追跡します。

配送

フィールド

説明

状態

これはサブスクリプションのワークフローステータスです。

次の繰り返し日

これは、 発送 が発送された翌日です。

サブスクリプションタイプ

これは、サブスクリプションのタイプです。

サブスクリプション期間

これは、出荷の間隔を指します。

モード

これは、間隔がマークされた日付を指します。 ユーザーは、オプションとして月の正確な日または 月の最後の日 を選択することもできます。

アイテム

アイテム セクションには、サブスクリプション内の 商品 がすべてリストされます。

アイテム

発送タブ

発送]タブには、次の情報が表示されます。

出荷

フィールド

説明

日付を作成します

これは、注文が作成された日です

出荷ID

この番号は 発送 IDとして生成されます

状態

これは 注文のステータスです。

オーダーID

これは、サブスクリプションの基になる注文を指します。

送信先

これはアカウントの配達先住所です。

追跡

これは、運送業者の追跡番号です。

支払いタブ

支払い タブは、注文の支払い履歴を追跡します。

アイテム

フィールド

説明

タイプ

これは、支払いが正常に行われたかどうかを示します。

Date

これは、注文が作成された日です

TXN ID

これはトランザクションIDです。

これは注文の合計金額を指します。