Documentation

注文ライフサイクル

注文には、見込みのある取引または過去の取引に関するデータが保存されます。 この記事では、オープンカートから フルフィルメント注文までの注文ライフサイクルの概要を説明します。

これは、最新の注文ライフサイクルのインフォグラフィックです。

Liferay Commerce 2.0

注文には、見込みのある取引または過去の取引に関するデータが保存されます。 この記事では、オープンカートから フルフィルメント注文までの注文ライフサイクルの概要を説明します。

注文ライフサイクル

ステップ1:商品がカートに追加される

購入者が商品をカートに入れると、新しい注文が作成されます。 この開始点で、注文に保存されるデータには、商品のIDと数量、および注文を作成したアカウントが含まれます。

ステップ2:発注

売り手に情報を提供し、注文の概要を確認した後、買い手は注文を出します。 注文ワークフローが有効になっている場合、送信前に注文が確認されます。 注文が処理されている間、バイヤーは注文のステータスを追跡する 通知 を受け取ることができます。

ステップ3:注文の送信

販売者が保留中から送信済みに注文を進めると、注文書がMicrosoftのDynamics GP、OracleのNetSuite、SAPなどの外部システムに送信されます。 売り手注文受付ワークフローが有効になっている場合、売り手は購入を許可する前に承認を受ける必要があります。

ステップ4:受注処理

販売者は残りの手順を完了して、注文された商品を購入者に配送します。 注文ステータスの更新、出荷情報、到着予定時刻などの追加情報を注文書に追加できます。 購入者と販売者は、注文が完了したことを通知されます。