Documentation

注文ワークフローの有効化または無効化

注文ワークフロー は、チャネル別に設定できるワークフローで、注文が 処理される前に、買い手または売り手が事前 に 承認 をできるようにします。 ワークフローを有効にする方法については、 ワークフローのアクティブ化 。を参照してください。

この記事では、注文ワークフローを有効または無効にする方法について説明します。

ワークフローを有効にする

承認ワークフローを有効にするには:

  1. グローバルアプリケーション]メニュー → [Commerce]→ [チャネル]に移動します。

  2. 目的のチャネル(たとえば、 Sahara.com)を選択します。 (アクセラレータを使用してサイトを作成した場合、デフォルトで関連付けられたチャネルが作成されます。)

  3. General タブをクリックします。

  4. [バイヤー注文承認ワークフロー]ドロップダウンメニューから[単一の承認者(バージョン1)]を選択します。

    チャネルメニューで発注承認ワークフローを有効にします。

  5. 販売者注文受付ワークフローを有効にする場合は、ドロップダウンメニューから[単一承認者(バージョン1)]を選択します。

  6. 保存] をクリックします。

このチャネルのワークフロープロセスがアクティブ化されました。 両方のワークフローは同時に動作できます。

Commerce 2.1以前

  1. コントロールパネル] → [コマース] → [チャネル]に移動します。

    Commerceメニューは、 コントロールパネルにあります。

  2. 目的のチャネル(たとえば、 Sahara.com)をクリックします。 (アクセラレータを使用してサイトを作成した場合、デフォルトで関連付けられたチャネルが作成されます。)

  3. 一般 タブをクリックします。

  4. [バイヤー注文承認ワークフロー]ドロップダウンメニューから[単一の承認者(バージョン1)]を選択します。

    チャネルごとに許可ワークフローを有効にすることができます。

  5. 販売者注文受付ワークフローを有効にする場合は、ドロップダウンメニューから[単一承認者(バージョン1)]を選択します。

  6. 保存] をクリックします。

このチャネルのワークフロープロセスがアクティブ化されました。 両方のワークフローは同時に動作できます。

Commerce 2.0以前

承認ワークフローを有効にするには:

  1. ストアが配置されているサイトに移動します(例: Sahara.com)。

  2. サイト管理 メニューを展開し、 [コマース] → [設定]クリックします。

    Commerce 2.0のワークフローは、サイト設定にあります

  3. 注文ワークフロー]タブをクリックします。

  4. 許可ワークフロー]フィールドをクリックし、ドロップダウンで利用可能なオプションから選択します。

    注文ワークフロータブでバイヤー承認ワークフローを有効にします。

  5. ワークフロー遷移 を有効にするには、 ワークフロー遷移 フィールドをクリックして、ドロップダウンの使用可能なオプションから選択します。

    売り手ワークフロー遷移を有効にします。

  6. 保存] をクリックします。

注文ワークフローを無効にする

注文ワークフローを無効にするには、[ワークフロー なし]オプションを選択し、[保存]をクリックします。

追加情報

すぐに使える シングル承認者(バージョン1) は、利用可能な注文ワークフローです。 カスタムワークフロー を作成して、 注文ワークフロー タブで選択できます。