Documentation

仕様

仕様には、単一の商品情報が格納されます。 格納されている情報は、商品の寸法、色、重量、容量、またはその他の属性です。 これらの詳細は、顧客が類似の商品を比較するときに役立ちます。

仕様データは、表示やメンテナンスが容易になるように、グループ、ラベル、および値に順序付けられています。

名前 説明
仕様グループ 似たような仕様ラベルをグループ化して整理するためのエンティティ(例: [寸法])です。
仕様ラベル 仕様値を格納するためのエンティティ(例: [高さ])です。
仕様値 仕様ラベルに追加された商品固有のデータ(例: [100 cm])です。

注釈

SKUレベルで定義された仕様は、商品レベルで定義された仕様よりも優先されます。 詳細は、[Overriding Product Level Information](./ overrideing-product-level-information.md)を参照してください。

仕様グループ

  1. グローバルメニュー] (Applications Menu icon) →[Commerce]→[商品]に移動します。

  2. 仕様]タブをクリックします。

  3. Specification Groups] サブタブをクリックします。 デフォルトでは、5つの仕様グループが含まれています。

    仕様グループサブタブで、グループの表示、作成、管理を行うことができます。

新しい仕様グループを追加するには、 [追加] ボタン(Add Button)をクリックします。

フィールド 説明
タイトル 仕様グループの表示名を表示します。
説明 仕様に共通する内容を説明します。
Priority 番号が小さい仕様グループを最初に表示する順序を確立します。
キー このグループをプログラムで一意に識別します。

仕様グループを作成するには、提供されたフォームにタイトル、説明、重要度、およびキーを入力します。

仕様ラベル

仕様ラベルを作成するには:

  1. グローバルメニュー] (Applications Menu icon) →[Commerce]→[商品]に移動します。

  2. 仕様]タブをクリックします。

  3. 仕様 Labels] サブタブをクリックします。

  4. デフォルトでは9つの仕様ラベルが含まれています。

    仕様ラベルサブタブで、仕様ラベルの表示、作成、管理を行うことができます。

新しい仕様グループを追加するには、 [追加] ボタン(Add Button)をクリックします。

フィールド 説明
ラベル ラベルの表示名を表示します。
説明 ラベルの説明を提供します。
ファセット・ナビゲーションで利用する ファセット・ナビゲーションで使用する場合は、このラベルをトグルします。
デフォルト仕様グループ このラベルを関連付けるグループを選択します。
キー このグループをプログラムで一意に識別します。

提供されたフォームを使用して、仕様ラベルを作成します。

ラベルは作成されましたが、値の割り当ては商品レベルで行う必要があります。

仕様値

グループとラベルの範囲はカタログに限定されています。つまり、作成したグループとラベルは、カタログ内の任意の商品に割り当てることができます。 ただし、値の範囲は商品に限定されており、値が割り当てられている商品以外には影響しません。

仕様ラベルを作成するには、最初に商品にラベルを割り当てる必要があります。

  1. グローバルアプリケーション]メニュー →[Commerce]→ [商品]に移動します。

  2. 商品をクリックします(たとえば、[Torque Converter]。 このサンプル商品は、Miniumアクセラレータを使用した場合に追加されます。)

  3. 仕様]サブタブをクリックします。

  4. デフォルトでは、次の値が追加されています。

    仕様サブタブに、商品に追加された仕様が表示されます。

  5. 追加 ボタン(Add Button)をクリックします。

  6. 仕様ラベルのリストから1つ以上の仕様ラベルのボックスをオンにします。

  7. 追加]をクリックしてポップアップを閉じます。

選択したラベルが商品に割り当てられます。

次に、ラベルを編集して値を設定します。

  1. 新しいラベルの横にある3ドットアイコンをクリックします。

  2. 編集]をクリックします。

フィールド 説明
商品の構成要素の簡単な説明をします。
グループ 仕様グループを選択します。
優先度 番号が小さい仕様グループを最初に表示する順序を確立します。

仕様値を保存するには、編集をクリックし、表示されたフォームに値、グループ、重要度を入力します。

ラベルの作成時に選択された仕様グループをオーバーライドすることもできます。 ラベルを編集して値を割り当てる場合、[Group]ドロップダウンボックスから任意のグループを選択できます。 この変更は現在の商品にのみ適用され、同じラベルを使用する他の商品には影響しません。