Documentation

はじめに

あなたの会社は、既存のお客様や見込み客など、多くの人と交流しています。 あなたのウェブサイトでは、彼らは製品やサービスを閲覧したり、質問をしたり、フィードバックを残したりしています。 関連性のある面白いサイトのコンテンツを提示することで、人々はあなたとのビジネスのモチベーションを高めることができます。 顧客をよく知り、顧客がデジタルコンテンツとどのように相互作用しているかを理解することで、顧客の体験を向上させることができます。

Liferay Analytics Cloudは、Liferay Digital Experience Platform(Liferay DXP)と連携し、顧客の属性や行動に関する洞察を提供するクラウドベースのSaaSです。 複数のソースからのデータを集約して分析結果を提示するので、人や興味のあることをより簡単に理解することができます。 コンタクトデータと分析を一元化することで、人と人とのインテリジェントなコミュニケーションが可能になり、ビジネスを推進し、人々をより幸せにする素晴らしいユーザー体験を生み出すことができます。

オーディエンスの興味を引くトピックについて学ぶと、オンラインコンテンツや対面で、そのトピックについて知的に話すことができるようになります。

メリット

ここでは、Analytics Cloudが役立つ主なことをご紹介します。

  • サイト訪問者の全体像を把握します: Analytics Cloud は、Liferay DXP サイトを含む複数のソースからプロフィールのプロパティと行動データを集約することで、人々の明確なイメージを提供します。

  • ターゲットとなるオーディエンスを特定し、追跡します: ターゲットとなる個人に共通する特性や行動に焦点を当て、それらの個人をセグメントに集約し、セグメントの成長を追跡することができます。

  • ユーザーの関心のあるトピックを知る: ユーザーが関心のあるトピックが分かったら、そのトピックでユーザーを引き込むことができます。 また、自社の製品やサービスがトピックとどのように関連しているかを強調した刺激的なコンテンツを作成することもできます。 これらのことは、新しいビジネスを生み出し、顧客との関係性を改善するのに役立ちます。

  • コンテンツのパフォーマンスを測定します: 最もアクティビティが多いコンテンツを特定し、類似のコンテンツを作成してビジネスの他の部分を成長させることで、その成功を基にしたコンテンツを作成することができます。 パフォーマンスの低いコンテンツやコンテンツの問題を発見して、人々がブランドに深く関わることができないようにします。 コンテンツを修正・改善して人々を軌道に乗せるか、サイトからコンテンツを削除します。

  • 最高の広告チャンネルを決定します: 顧客がどのようにあなたのサイトのページを見つけているかを発見するので、適切なチャネルで広告を出すことができます。

これらは、Analytics Cloudを使用することで得られるメリットのいくつかの方法に過ぎません。 Analytics Cloudを使い始める前に、その主要なコンポーネントを理解しておく必要があります。

Analytics Cloudは、サイト訪問者、サイトとの相互作用、サイトに人を引き寄せる経路(またはチャネル)を理解するのに役立ちます。

連絡先

既存の顧客や見込み客は、あなたの会社と直接、ウェブサイト上で、またメールやメッセージを介して交流しています。 Liferay DXPのサイトでは、人々は登録されたユーザーまたは訪問者です。 Analytics Cloudは、Liferay DXPサイトを含む複数のソースからの連絡先(人)を単一のビューに統合します。 連絡先データを個人のユニークな連絡先の豊富なプロファイルに統合します。 お好きな方法で連絡先のフィールドに名前を付けることができ、あなたとあなたの会社にとって最も有用なものにすることができます。

Analytics Cloudでは、個人をセグメントに集約することができます。 セグメントとは、共通の特徴を持つ個人のグループのことです。 業界や場所などの基準に基づいて動的にセグメントを作成したり、静的に(手で選択した個人から構成される)セグメントを作成したりすることができます。 インダストリー セグメント アナリティクスでは、お客様が最も興味を持っている業界を表示し、お客様が興味を持っているコンテンツを特定します。

動的セグメントの会員数の増加(および減少)は、セグメントの基準に合致した人の数を反映しています。

コンタクトプロファイルはAnalytics Cloudの大きな部分を占めていますが、ウェブサイトのページやアセットと人々のインタラクションに関するアナリティクスの方が大きな部分を占めています。 このタイプのアナリティクス(タッチポイントアナリティクスと呼ばれる)は、コンテンツがビジネス目標を達成する上でどれだけ効果的かを判断するのに役立ちます。

タッチポイントアナリティクス

タッチポイントとは、人がコンテンツと接触する場所(ページ)のことです。 タッチポイントアナリティクスをご紹介します。

  • 訪問者数: タッチポイントを訪問したユーザー数(ゲストとサインインしたユーザー)。

  • セッションの長さ: 人々がページのサイトに費やしている時間。

  • セッション数: ページのサイトにいる異なる訪問者数。

  • ページ上の時間: 人々がページに費やしている時間数。

  • バウンス率: 1つのページだけを閲覧した後に特定のウェブサイトへ移るのサイト訪問者の割合。

アセットとは、サイトページ上の特定のタイプのコンテンツエンティティのことです。 従来のウェブ解析は静的なウェブサイトに基づいており、誰もが同じページのコンテンツを見ています。 コンテンツ記事のアナリティクスを追加で提供することで、アナリティクスクラウドは記事の効果判定に役立ちます。 また、パーソナライズされたコンテンツと人々のインタラクションについての洞察を提供します。 コンテンツのターゲットオーディエンスのエンゲージメントに関するチャートを生成します。

Analytics Cloudは、これらのLiferay DXPアセットをサポートしています。

フォームを使ったユーザーの行動については、例えば、Analytics Cloudでは、ビュー数や投稿数、フォームを放棄したユーザーの割合、フォームの平均完了時間などが表示されます。 折れ線グラフは、時間の経過とともに表示数が変化します。

閲覧数や訪問者数などが、あなたのページでどのようにトレンドになっているかを確認してください。

ページアナリティクスとアセットアナリティクスを表示すると、アクションがポジティブかネガティブかを見分けることができます。 ここでは、いくつかの例をご紹介します。

ポジティブ:

  • セッションでのアクティブな滞在

  • サインインの頻度

  • フォームの送信

  • 記事に五つ星を投票している

ネガティブ

  • サインイン直後にサインアウトしている

  • 重要な戦略的コンテンツを閲覧していない

  • フォームを破棄している

  • セッション切れ

サイト訪問者がどのようにしてページやアセットにたどり着くのかを学ぶことも有用です。 それがパスアナリティクスです。

パス分析

人はさまざまなチャネル(経路)を介してコンテンツにたどり着きます。

  • グーグル検索

  • 広告

  • サイトナビゲーション

  • サイト内検索

  • 他のページへのリンク

  • アセット内のリンク

例えば、チャンネル上の広告がページに多くの人を呼び込むことを期待している場合は、ページのパスアナリティクスでそのパフォーマンスを確認することができます。 あなたは、特定のソーシャルネットワークがますますサイトのトラフィックを駆動し、したがって、そのネットワーク上でより多くの広告を出すことを学ぶことがあります。

パスアナリティクスは、サイトのコンテンツをレンダリングするデバイスとブラウザの種類をレポートします。 これにより、どのデバイスやブラウザでより多くのテストを行い、ユーザー体験を最適化するかを判断することができます。

Liferay Analytics Cloudとその機能についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。セグメント、タッチポイント、パスなどをご紹介しました。 アナリティクスクラウドをご自身で体験してみてはいかがでしょうか。