Documentation

認証

開発者が提供されているAPIエンドポイントを呼び出すためには、まずLiferay Analytics Cloudのワークスペースにアクセスしてパーソナルアクセストークンを作成する必要があります。

生成されたトークンは、デフォルトで30日間使用できます。 トークンの有効期限が切れると、追加のAPIコールを行うためには新しいトークンを生成する必要があります。

トークンをコピーして、すべてのAPI呼び出しでリクエスト認証ヘッダーに設定する必要があります。 curlコマンドラインを使用している場合、これは以下のリクエストヘッダーを設定することで実行できます。

curl -H "Authorization: Bearer {token}"