Documentation

バックアップページからのデータの復元

プロジェクトの開発中には、データを復元したり、プロジェクトを以前の状態にロールバックする必要がある場合があります。 バックアップをある環境に復元しても、各サービスのデータは復元されますが、環境が使用しているビルドは変更 されません

また、カスタムSQLスクリプトを使用して、データ復元の一環としてデータベースの追加更新を行うこともできます。

バックアップページの詳細は、 バックアップサービス および バックアップのダウンロードとアップロード を参照してください。

重要

選択した環境のAdminロールを持つユーザーのみが、Liferay Cloudコンソールを介して環境を手動で復元できます。

バックアップページから環境を復元する

各環境の バックアップ ページには、最近取得されたすべてのバックアップ(自動および手動)のリストがあります。 このページから環境へバックアップを復元すると、各サービスが使用しているデータは復元されますが、各サービスが使用しているビルドやDockerイメージは変更 されません

警告

復元するバックアップの バックアップ サービスのバージョンは、復元が正常に完了するように、復元前のターゲット環境と一致している必要があります。 Liferayの フィックスパックレベル も、データベーススキーマの不一致によるエラーを避けるために一致させる必要があります。 現在環境にデプロイされているものとは異なるビルドを必要とするバックアップを復元する場合は、復元を開始する前に、適切なビルドをデプロイしてください。

以下の手順で、バックアップから環境を復元します。

  1. プロジェクトの選択した環境に移動します。

  2. 画面左側の[環境メニュー]にある[Backups]をクリックします。

  3. プロジェクト環境の復元に使用したいバックアップの [Actions] ボタン(⋮)をクリックします。

  4. Restore to...] をクリックします。

    図1:「Actions」ボタンをクリックして、「Restore To...」をクリックします。

  5. ドロップダウンの [Environment] メニューをクリックして、復元したい環境を選択します。

    図2:復元したい環境を選択する。

    注釈

    管理者は、アクセスできる環境のみを復元できます。

  6. 下に表示される [チェックボックス] をすべてクリックします。 復元を開始するボタンを有効にするには、これらのボックスをチェックする必要があります。

  7. Restore to Environment] をクリックして、復元処理を開始します。

    図3:すべてのチェックボックスをクリックして、復元を確認する。

復元プロセス中に、ターゲット環境のサービスが再起動します。

バックアップ サービスの ログ や、アクティビティページの 一般 セクションで、復元のステータスを追跡することができます。

データ復元でのカスタムSQLスクリプトの適用

カスタムSQLスクリプトを使用して、通常のデータ復元でデータベースの追加更新を行うこともできます。 この方法では、別々に管理しているデータベースのバックアップにスクリプトを適用できるため、機密データのサニタイズに最適です。

注釈

この機能を使用するには、バックアップサービスのバージョン3.0.7以降が必要です。

SQLスクリプトの準備

SQLスクリプトでサポートされているフォーマットは以下の通りです。

  • .sql は個々のスクリプトに使われます。

  • .zip.tgz.gz は、圧縮ファイル内の複数のスクリプトに使用されます。

なお、スクリプトは実行時に英数字の順に実行されます。 SQLスクリプトは、実行するデータベースを正確に参照する必要があります(例えば、 USE lportal; または lportal.User_など)。

SQLスクリプトを適切な、環境固有の backup/configs/{ENV}/scripts/ フォルダに入れます。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合は、SQLスクリプトは適切なlcp/backup/script/{ENV}/フォルダに置かれます。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。

データの復元の実行

SQLスクリプトの準備ができたら、以下の手順でカスタムSQLスクリプトをデータリストアに適用します。

  1. バックアップサービスをデプロイ して、カスタムSQLスクリプトをオンラインに含めます。

  2. 上記の バックアップページからの環境の復元 の手順に従ってください。

データベースが復元されると、バックアップ サービスの scripts フォルダにあるSQLスクリプトが実行されます。

Jun 20 14:46:41.795 build-39 [backup-57488f8b8-rjq4f] Running Script: SanitizeOrg.sql
Jun 20 14:46:41.970 build-39 [backup-57488f8b8-rjq4f] Running Script: SanitizeUsers.sql

追加情報