Documentation

アプリケーションメトリクス

Liferay Cloudに組み込まれたモニタリング機能により、各環境サービスが使用するリソースを追跡することができます。 これらのアプリケーションメトリクスには、メモリとCPUの使用量、およびネットワークデータ転送量が含まれます。 メトリクスは、デフォルトのLiferay Cloudのスタックサービス(Webサーバ、Liferay、検索、データベース、バックアップ)で利用できます。

サービスポップオーバー

サービスの現在のリソース使用状況は、Liferay Cloud環境の 概要サービス のページや、個々のサービスのページなど、いくつかのページから素早く確認することができます。 サービスのアイコンにカーソルを合わせると、そのサービスのリソース使用状況のポップオーバーが表示されます。

サービスのアイコンにカーソルを合わせます。

拡張アプリケーションメトリクス

ユーザーは、 [モニタリング] ページから拡張サービスメトリクスを表示できます:

  1. 環境メニューの [モニタリング] をクリックします。

  2. ドロップダウンメニューを使って、モニターしたいサービスと時間帯を選択します。

Liferay Cloudを使用してサービスを監視できます。

ユーザーは、 [Services] ページから拡張サービスメトリクスを表示できます:

  1. 環境メニューの [サービス] をクリックします。

  2. モニターしたい [Service] をクリックします。

  3. メトリクス] タブをクリックします。

サービスのページからメトリクスを表示します。

サービスに割り当てられるリソースの決定

サービスの LCP.json ファイルの設定により、そのサービスに割り当てられたメモリとCPUの合計が決定され、アプリケーションのメトリクスには、これらのリソースの使用状況が時系列で表示されます。

以下は liferay サービスの LCP.json ファイルにおけるCPUとMemoryの割り当ての例です:

"id": "liferay",

"memory": 8192,
"cpu": 8

ユーザーはLiferay Cloudのコンソールから割り当てられたリソースを確認できます。

Liferay Cloudのコンソールから、お客様の環境サービスに割り当てられたリソースを確認できます。

高度なアプリケーションメトリクス(本番環境のみ)

Liferay Cloudでは、 Dynatrace の高度なパフォーマンスモニタリングを本番環境に統合することができます。

詳しくは、 Dynatrace limitations を参照してください。

Dynatraceと本番環境の統合

以下の手順でDynatraceを統合します:

  1. Dynatraceのアカウントを作成します。

  2. トークン および テナント 値を生成します。

  3. Liferayサービスに、Dynatracetoken値をSecretとして追加します。

  4. Liferayサービスの本番環境のLCP.jsonファイルにDynatraceテナント Dynatrace環境変数を追加します。 たとえば、

{
    "environments": {
      "prd": {
        "env": {
          "LCP_PROJECT_MONITOR_DYNATRACE_TENANT": "tot02934"
        }
      }
    }
}

名称

Description

LCP_PROJECT_MONITOR_DYNATRACE_TENANT | Dynatrace SaaSアカウントのURL(敬称)の一部である文字列です。 | LCP_PROJECT_MONITOR_DYNATRACE_TOKEN | Dynatraceアカウントにある文字列です。 トークンを取得するには、 [Manage] → [Deploy Dynatrace] → [Set up PaaS Integration] にナビゲートします。次に環境IDを入力し、 [Generate new token] をクリックします。 |

これらの値の詳細については、 official Dynatrace documentation を参照してください。

Dynatraceへのアクセス

Liferay CloudのコンソールからDynatraceの高度なパフォーマンスモニタリングにアクセスできるようになりました。

  1. 本番環境に移動します。

  2. 環境メニューの [モニタリング] をクリックします。

  3. Advanced] タブをクリックします。

  4. [Go to Dynatrace Dashboard] ボタンをクリックして、 [Dynatrace] ダッシュボードにアクセスします。

    Liferay CloudコンソールからDynatraceダッシュボードにアクセスします。

Dynatraceの認証情報でログインすると、ログの軌跡を確認したり、カスタムダッシュボードを作成したりできます。

追加情報