Documentation

演習:Dockerを使用してLiferay とElasticsearchを実行する

以下に適用されます。Liferay DXP 7.3, Liferay Portal 7.3 GA4

ここでは、ローカルマシン上でLiferay-Elasticsearchの最小セットアップを行い、ElasticsearchとLiferay DXP 7.3の間の Rest Client 接続がどのように構成されているかを確認することができます。 この例では、2つのDockerコンテナを使用しています。1つはElasticsearchコンテナ、もう1つはLiferay DXPコンテナです。 より概念的で本番環境に似た情報については、 Elasticsearchのインストールを参照してください。

Elasticsearch接続で認証と暗号化を有効にするには、Elasticsearchの保護をお読みください。

Dockerコンテナにバインドマウントするためのローカルフォルダを作成する

プラグインと構成ファイルを提供するために、ElasticsearchコンテナおよびDXPコンテナのシステムフォルダにバインドマウントできるローカルフォルダ構造を作成します。

mkdir -p test-es-install/dxp/files/osgi/configs && mkdir -p test-es-install/elasticsearch && cd test-es-install

ちなみに

最後の cd test-es-install コマンドで、test-es-install フォルダに入ります。 このフォルダからElasticsearchとLiferay DXPの両方の残りのコマンドを実行することを確認してください。

Elasticsearchのインストール

  1. elasticsearch790という名前のElasticsearch 7.9.0コンテナを設定して起動します。

    docker run -it --name elasticsearch790 -p 9200:9200 -p 9300:9300 -e "discovery.type=single-node" -e "node.name=es-node1" -v $(pwd)/elasticsearch:/usr/share/elasticsearch/data docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch:7.9.0
    
  2. 必要なElasticsearchプラグインをインストールします。 docker exec -itを使用して、インタラクティブなbashシェルにアクセスします。

    docker exec -it elasticsearch790 bash -c '/usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-icu && /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-kuromoji && /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-smartcn && /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install analysis-stempel'
    
  3. Elasticsearchコンテナを再起動して、プラグインを登録します。 CTRL+Cでコンテナを停止した後、以下を実行して再度起動します。

    docker start -i elasticsearch790
    
  4. 実行中のElasticsearchコンテナのIPv4アドレスを取得します。

    docker network inspect bridge
    

    この例では、172.17.0.2です。 システムが異なるIPアドレスを提供している場合は、Liferay DXPを実行するときにdocker run --add-host elasticsearch790:[IP]...コマンドで使用する必要があります。

    "Containers": {
                "2d4614fdcce2159322fa7922bfc5f866b79bd7f609a65cc888f9a260f80731f4": {
                    "Name": "elasticsearch790",
                    "EndpointID": "e89c3d0a87cc528753470eb359cee3b85fea9f9a5df3b249d54d203741a650a8",
                    "MacAddress": "02:42:ac:11:00:02",
                    "IPv4Address": "172.17.0.2/16",
                    "IPv6Address": ""
                }
            },
    

Liferay DXPのインストール

Liferay DXPがElasticsearchに接続するために必要なプロパティを指定してから、DXPコンテナを実行します。

  1. まず、以下を実行してElasticsearch 7構成ファイルにデータを入力します。

    cat <<EOT >> dxp/files/osgi/configs/com.liferay.portal.search.elasticsearch7.configuration.ElasticsearchConfiguration.config
    
    operationMode="REMOTE"
    productionModeEnabled=B"true"
    networkHostAddresses="http://elasticsearch790:9200"
    EOT
    
  2. 構成ファイルを配置したら、次のコマンドでDXPコンテナを起動します。

    docker run -it --name dxp73  --add-host elasticsearch790:172.17.0.2 -p 8080:8080 -v $(pwd)/dxp:/mnt/liferay liferay/portal:7.4.3.22-ga22
    
  3. チェックポイント: コントロールパネル → 設定 → 検索でElasticsearchの接続が有効になっていることを確認します。

    有効な接続が[検索機能]管理パネルに表示されます。

検索インデックスとスペルチェックインデックスを再作成します。 どちらのインデックス再作成も、コントロールパネルの → 設定 → 検索の「インデックスアクション」タブから実行されます。

追加情報