Documentation

メール設定

メール設定では、仮想インスタンススコープでのメール通知を設定します。 コントロールパネルを開き、 [設定] → [インスタンス設定] に移動し、[プラットフォーム]セクションの [メール] カテゴリを選択します。 メール設定には、次の6つのエントリが含まれています。

設定

目的

アカウント作成通知

新しいアカウントを作成するときにユーザーにメールを送信するかどうか、何を送信するかを設定

メール送信者

メールテンプレートの 送信者 名をアドレスを設定

メール検証通知

ユーザーにメールアドレスの確認を求めるテンプレートを作成

メールホスト名

インスタンスに関連付けられているメールホストを入力

メール設定

インスタンスのメールサーバーをセットアップする

パスワードの変更を通知

パスワードが変更されたときにユーザーに通知

パスワードリセットの通知

パスワードのリセットリクエストを受け取ったときにユーザーに通知

注釈

メール通知を送信するには、インストールにメールサーバーへの接続設定 が必要です。 インスタンススコープで設定されたメールサーバーの設定は、サーバーレベルの設定より優先されます。

アカウント作成通知

アカウント作成通知エントリでは、ユーザーが新しいアカウントを作成したときにユーザーに通知されるメッセージのメールテンプレートを、新しいユーザーのパスワードを本文に含めた場合と含まない場合に分けて定義します。 このメールを送信するかどうかは、設定エントリーの上部にある [Enabled] チェックボックスで指定できます。 設定の下部にある「項目の定義」見出しにリストされているテンプレート変数を使用して、メールテンプレートを作成します。

アカウント作成のメール通知を設定します

メール送信者

メール送信者エントリでは、メール通知用の仮想インスタンスの管理名とアドレスを指定します。これらは、メールテンプレートで[$FROM_NAME$]変数と[$FROM_ADDRESS$]変数としてそれぞれ宣言されます。 デフォルトでは、 admin.email.from.nameadmin.email.from.address portal properties から取得されます。 この名前とメールアドレスは、仮想インスタンスによって送信されるすべてのメールメッセージの [From] フィールドに表示されます。

システムメールの送信者名とアドレスを設定します。

メール検証通知

メール検証通知エントリでは、ユーザーのメールアドレスの検証を求められたときにユーザーに送信されるメッセージのメールテンプレートを定義します。 設定の下部にある「項目の定義」見出しにリストされているテンプレート変数を使用して、メールテンプレートを作成します。

ユーザーのメールアドレスを確認します。

メールホスト名

メールホスト名エントリを使用して、仮想インスタンス用に組織が所有する追加のメールホスト名を指定します。 1行に1つのメールホスト名を入力しますが、仮想インスタンス設定で指定された名前は入力しないでください。

仮想インスタンスの追加のメールホスト名を設定します。

パスワードの変更を通知

パスワードの変更を通知エントリでは、ユーザーのパスワードが変更されたときにユーザーに通知するために送信されるメッセージのメールテンプレートを定義します。 設定の下部にある「項目の定義」見出しにリストされているテンプレート変数を使用して、メールテンプレートを作成します。

パスワードの変更時にユーザーに通知します。

パスワードリセットの通知

パスワードリセットの通知エントリでは、パスワードのリセットリクエストが行われたときにユーザーに通知するために送信されるメッセージのメールテンプレートを定義します。 設定の下部にある「項目の定義」見出しにリストされているテンプレート変数を使用して、メールテンプレートを作成します。

パスワードのリセットが要求されたときにユーザーに通知します。