Documentation

サイトテンプレートプロパゲーションの設定

Liferay 7.4 U23+ および GA23+ で利用可能

サイトテンプレートでは、自動伝搬のトリガーを設定することができます。 デフォルトでは、Liferayは、変更が行われた後、ユーザーによって最初に訪問されたときに、各サイトに対して個別に伝搬をトリガーします。 ただし、テンプレートの自動伝搬が有効な場合は、接続されているサイトにも同時に伝搬するようにシステムを構成することができます。

重要

自動伝搬は、テンプレートに加えられた変更の範囲によっては、リソースを大量に消費する可能性があります。

サイトテンプレートの伝搬を設定するには、次の手順に従います。

  1. グローバルメニュー(Global Menu) を開き、 コントロールパネル タブを開き、 システム設定 をクリックします。

  2. Infrastructure settings にアクセスし、サイドメニューの Site Templates をクリックします。

  3. Check Trigger Propagation .

    チェックを外すと、ユーザーが最初にアクセスしたときに、サイトに対して個別に変更が反映されます。

    チェックした場合、テンプレートで自動伝搬を有効にすると、接続されているすべてのサイトに対して同時に伝搬が開始されます。

    トリガー・プロパゲーションを確認する

  4. Save] をクリックします。

サイトテンプレートで伝搬が無効になっている場合、伝搬を有効にすると、接続されているサイトへの変更が同時に伝搬されます。 テンプレートへの伝搬は有効なままですが、それ以降の変更は、ユーザーが最初にアクセスしたときに、サイトに個別に伝搬されます。