Documentation

ナビゲーションメニューの設定

ナビゲーションメニューを表示・設定するには、 メニュー表示フラグメント (Liferay DXP 7.4で利用可能)やナビゲーションメニューウィジェットを使用することができます。 これらの2つのオプションのいずれかを使用して、メニュー表示オプションを定義し、サイトの異なるナビゲーションレベルを作成することができます。

注釈

メニュー表示用フラグメントの設定はナビゲーションメニューウィジェットよりも簡単で、ナビゲーションメニューウィジェットにはないマスターページテンプレートを使ったプレビューオプションもあります。

メニュー表示用フラグメントの設定

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.4以降

メニュー表示フラグメントを使うと、コンテンツページの任意の場所にナビゲーションメニューを作成することができます。 このナビゲーションメニューは、サイトのパブリックページやプライベートページの階層、またはLiferay DXPの ナビゲーションメニューを使って定義したその他の階層に基づいています。 また、メニューの表示スタイルのオプションや、ナビゲーションに含めるサブレベルの数を定義することもできます。

メニュー表示フラグメント」は、コンテンツページの「フラグメントとウィジェットの下に表示されます。 コンテンツページの他のフラグメントと同様に、このフラグメントを追加・設定します。 詳しくは、 コンテンツページへの要素の追加 および フラグメントの設定 を参照してください。

メニュー表示フラグメント」は、コンテンツページのフラグメントとウィジェットの下に表示されます。

メニュー表示フラグメントでは、2つの方法でページとサブページの階層を構築することができます。

  • サイト・ナビゲーション・メニュー(A)はLiferay DXP ナビゲーションメニューを使って定義したメニューを サイト・ナビゲーションに使用します。 デフォルトでは、Liferay DXPは、サイト内のパブリックページとプライベートページの階層に基づいて、2つのサイトメニューを提供します。

  • コンテクストメニュー(B)は、ページのコンテクストに応じたメニューを表示しています。 例えば、サイトメニューにリンクした第1レベルのメニュー表示フラグメントと、子ページのみを表示する第2レベルのメニュー表示フラグメントを組み合わせることで、より高度なナビゲーションを実現できます。 これにより、ユーザーが第1階層のメニューで異なるページをクリックすると、第2階層のメニューが動的に変化し、子ページが表示されるようになっています。

メニュー表示フラグメントの階層は、サイトメニューやコンテクストメニューから定義することができます。

ナビゲーションメニューウィジェットの設定

以下は、ナビゲーションメニューウィジェットで可能なすべてのオプションです。 設定メニューにアクセスするには、ナビゲーションメニューウィジェットの上部にあるOptions iconをクリックします。

設定メニューに移動します。

ナビゲーションメニュー

目的のナビゲーションメニュータイプを選択します。目的のナビゲーションメニュータイプが[プレビュー]ボックスに表示されます。

ナビゲーションメニューのタイプ

Description

公開ページの階層

公開ページの階層は、サイトビルダーのデフォルトの階層に基づいています。

プライマリ ナビゲーション

プライマリ ナビゲーションは、ページのメインナビゲーションです。

セカンダリー・ナビゲーション

セカンダリー・ナビゲーションは、ナビゲーションの第2レベルであり、ページ内のサイドバーまたは個別のメニューが考えられます。

ソーシャルナビゲーション

ソーシャルナビゲーションは、ソーシャルメディアまたは同様のタスクでコンテンツを共有するためのリンクを含むメニューのためのものです。

また、 [Select] ボタンをクリックして、ナビゲーションメニューを選択することもできます。

ナビゲーションメニューのタイプを選択します。

表示テンプレート

ナビゲーションメニューにはウィジェットテンプレートを選択できます。

表示テンプレートを選択します。

表示テンプレート

説明

リスト メニュー

すべてのアイテムを垂直リストに表示します。

水平方向のピル形式

アイテムを水平に表示し、ボタンスタイルを使用して強調表示します。

等幅ピル形式

水平方向のピル形式と同様ですが、アイテムを埋めて水平方向のスペースを埋めます。

縦積みピル形式

ピル型スタイルの垂直バージョン。

タブ

ナビゲーションタブなどの項目を表示します。

等幅ピル形式

水平方向のスペースを埋めるナビゲーションタブ。

最小バー形式

ページの埋め込みメニューに表示されるデフォルト表示の軽量バージョン。

最小等幅バー形式

水平方向のパディングで最小バー形式と同様。

規定スタイルのバー

デフォルトの埋め込みメニュー。

スプリットボタンのドロップダウン

各項目をドロップダウン付きのボタンとして表示し、複数のナビゲーションレベルを設定できます。

表示するメニュー項目

メニューからどのレベルのどのページをウィジェットに表示するかを設定できます。 開始レベル、表示する深さのレベル数、およびサブレベルの表示方法を選択できます。

表示するメニュー項目を選択します。

Field

説明

メニュー項目を以下から始める:

レベルのタイプを [レベル] 、 [現在のメニュー項目に関連するレベル] 、または [親を選択] から選択します。

レベル数

表示するレベル番号を0~4で選択します。 レベル0は親ページを表し、レベル1は第1レベルの子ページを表します。

表示するレベル:

ナビゲーションに表示するレベルの数を、1~無制限で選択します。

サブレベルを展開:

このドロップダウンメニューから [自動] または [All] を選択します。これにより、ナビゲーションの上にマウスを置くと、ナビゲーションレベルが一度に1つずつ自動的に表示されるのか、すべてのレベルが一度に表示されるのかが決まります。