Documentation

コンテンツページのパーソナライゼーション

コンテンツページをさまざまなユーザーグループに合わせて調整し、各グループに一般的なエクスペリエンスではなく、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。 コンテントページのパーソナライゼーションを活用してA/Bテストを実施することもできます(詳細については、 コンテントページエクスペリエンスとA/Bテスト を参照してください)。

さまざまなユーザー向けにコンテントページをパーソナライズするには、2段階のプロセスがあります。

  1. パーソナライズされたエクスペリエンスを提供するユーザー用のセグメントを定義します。

  2. セグメント用にカスタマイズされたコンテンツでエクスペリエンスを作成します。

エクスペリエンスがどのように機能するかを理解する

一部のエクスペリエンス機能は、Liferay 7.4以降、7.3フィックスパック1以降、および7.2フィックスパック11以降でのみ使用できます。

同じコンテントページに複数のエクスペリエンスを作成できます。各エクスペリエンスは特定のニーズに対応します。 たとえば、ログインする人と匿名で閲覧する人に異なるエクスペリエンスを作成できます。 各エクスペリエンスには、各セグメントに最も適したコンテンツとレイアウトが含まれています。

同じコンテントページに複数のエクスペリエンスを作成する場合は、次の情報を考慮してください。

  • すべてのコンテントページには デフォルトの エクスペリエンスが含まれています。 新しいエクスペリエンスを作成すると、 デフォルト がテンプレートとして使用されます。

  • デフォルトのエクスペリエンスを変更できますが、デフォルトに基づく既存のエクスペリエンスは変更されません。

  • デフォルト以外のエクスペリエンスは複製できます。

  • 上(Up)および下(Down)コントロールを使用して、選択ダイアログでエクスペリエンスを並べ替えることができます。

  • 同じコンテントページに複数のエクスペリエンスがある場合、それらの順序によって優先度が決まります。

    • リストの一番上にあるエクスペリエンスが下にあるエクスペリエンスよりも優先されます。

    • ユーザーが複数のエクスペリエンスの基準を満たしている場合、最初にリストされているエクスペリエンスが有効なエクスペリエンスとなります。

    • Anyone] セグメントを対象とするエクスペリエンスの下に配置されたエクスペリエンスは非アクティブになります。

    • 新しいエクスペリエンスは、 デフォルトの エクスペリエンスの下にリストされ、デフォルトでは非アクティブになっています。

    ちなみに

    複数のエクスペリエンスが同じセグメントをターゲットにしている場合、Liferay DXPはエクスペリエンスの名前の横に有効であることを表示します。

エクスペリエンスの設定がどのように機能するかをよりよく理解するために、カスタムエクスペリエンスが4つある以下のコンテントページを検討してみましょう。

  • Anonymous UserAnonymous User Promotions は、認証されていないユーザーセグメントに適用されます。

  • Authenticated User : [Authenticated User] セグメントに適用されます。

  • No Customization : [Anyone] セグメントに適用されます。

    ユーザーインターフェイスでのエクスペリエンスの順序によって優先順位が決まります。

この例では:

  • 認証されていないユーザーには、 [Anonymous User] エクスペリエンス([有効] ラベルが付いているもの)が表示されます。 [Anonymous User Promotions] エクスペリエンスは [Anonymous User] の下に表示されているため、このユーザーには表示されません。

  • No customization] エクスペリエンスは [Anyone] セグメントに適用され、最初にリストされているため、認証されたユーザーには [Authenticated user] エクスペリエンスは表示されません。

  • Anonymous User] または [Authenticated User] セグメントに属していないユーザーには、 [Anyone] を対象としている [No customization] エクスペリエンスが表示されます。

コンテントページエクスペリエンスとA/Bテスト

Liferay DXPでA/Bテストを作成するときは、テストのエクスペリエンスを選択します。 このエクスペリエンスは、デフォルトのエクスペリエンスにすることも、自分で作成したその他のエクスペリエンスにすることもできます。

A/Bテストの結果に干渉する可能性のあるエクスペリエンスの変更を回避するため、実行中のA/Bテストの一部となっているエクスペリエンスを編集することはできません。 この場合、エクスペリエンスの名前の横にロッカーアイコン(locker)が表示されます。

Liferay DXPおよびLiferay AnalyticsでのA/Bテストの詳細については、 A/Bテスト を参照してください。