Documentation

A/Bテスト

Liferay DXP 7.2 SP1以降で対応可能です。

A/Bテストでは、さまざまなユーザーのバリエーションをテストすることで、コンテンツの最も効果的なバージョンを判断できます。 訪問者の大多数はページの現在のコンテンツとデザインを表示し、一部のグループは代替の バリアント を表示します。 また、現在のページとバリアントのパフォーマンスをテストして、 直帰率クリックスルー など、特定の目標に対してどのバージョンのパフォーマンスが優れているかを判断できます。

次の例を考えてみましょう。 銀行のマーケティングチームが、新しいクレジットカードを宣伝するコンテンツページを作成します。 このページは数週間公開されていますが、再設計することで新しいクレジットカードをさらに宣伝できる可能性があります。 マーケティングチームは、A/Bテストを使用して、訪問者に対してランダムに新しいページのバリアントをテストし、各ページバージョンのクリック率を比較できます。 新しいバリアントが元のページよりも効果的である場合は、それを公開して元のページを置き換えることができます。

A/Bテストを使用して2つの異なるCTAボタンの効率を比較します

A/Bテストを実行するには、Liferay DXPインスタンスを Liferay Analytics Cloudに接続する 必要があります。 プロセスは次のとおりです。

  • Liferay DXPでA/Bテストを作成します。

  • A/BテストはAnalytics Cloudと自動的に同期します。

  • Liferay DXPまたはAnalytics CloudでA/Bテストを開始または終了します。

  • Liferay DXPとAnalytics Cloudは、テストが終了すると、テストのステータスと勝利したバリアントを表示します。

  • Analytics CloudでA/Bテストの他の側面(テスト履歴、統計、バリアント比較など)を管理します。

Analytics CloudでA/Bテストを行う詳細は、 A/Bテスト を参照してください。