Documentation

Webコンテンツの表示ウィジェットの使用

Webコンテンツの記事を作成したら、それをページに表示する最も簡単な方法はWebコンテンツの表示ウィジェットです。 Webコンテンツの記事が表示されると、ワークフローのが有効になっている場合を除き、そのコンテンツの更新情報がすぐに表示されます。

Webコンテンツの表示をページに追加する

Webコンテンツの表示ウィジェットをページに追加して構成するには、次の手順に従います。

  1. 編集 ( Edit icon ) モード (コンテンツ ページを使用している場合) に入り、 ページにWebコンテンツの表示ウィジェットを追加します

    Webコンテンツの表示アプリをページに追加して、新しいWebコンテンツ記事の表示を開始します。

  2. Webコンテンツの表示ウィジェットの構成メニューを開きます

  3. [選択] ボタンをクリックして、Webコンテンツの一部を選択します。

  4. 表示したい記事を検索してクリックします。

  5. ウィジェットで有効にしたい オプションを設定します

  6. [保存] をクリックして変更を適用し、構成ウィンドウを閉じます。 コンテンツページを使用している場合は、 [Publish] をクリックして、ウィジェットを含むページを公開します。

Webコンテンツ表示設定オプション

すべての機能はシンプルなセレクター ボタンとして実装されているため、必要に応じて有効または無効にすることができます。 次の機能を使用できます。

  • ユーザーツール

    • 翻訳: コンテンツで利用可能なロケールを表示します。 特定の言語のページで作業している場合は、ロケールに合ったコンテンツの翻訳を選択できます。

    • 印刷する: コンテンツの印刷に適したバージョンで印刷ダイアログを開きます。

    • PDF | DOC | ODT | TXTでダウンロード: 選択した形式でWebコンテンツをダウンロードします。 これらのオプションは、Open Officeの統合が有効になっている場合にのみ使用できます。

  • メタデータコンテンツ

    • 関連するアセット

    • 評価

    • コメント

    • コメントの評価

Webコンテンツの公開は簡単です。 最低限、公開したいコンテンツを選択すればよいだけです。 また、多くのオプション機能を有効にして、ユーザーがコンテンツを操作できるようにすることもできます。

ゲストのコメントを有効にする

デフォルトでは、ゲストはWebコンテンツにコメントを残すことはできません。 Webコンテンツの記事にゲストがコメントできるようにするには、次の手順を実行します。

  1. グローバルメニュー ( Global Menu icon ) を開き、 [コントロールパネル] → [ロール] に移動します。

  2. [ゲスト] → [権限の定義] を選択します。

  3. 左のメニューから、 [サイトとアセットライブラリの管理] → [Content & Data] → [Webコンテンツ] を選択します。

  4. Webコンテンツ記事の見出しに移動し、 [Add Discussion] チェックボックスをオンにします。

  5. [保存] をクリックします。

ゲストはWebコンテンツの記事にコメントを投稿できるようになりました。

Webコンテンツの表示ウィジェットからコンテンツを編集する

公開されたコンテンツは、Webコンテンツの表示ウィジェットから直接編集できます。

  1. Webコンテンツの表示ウィジェットにカーソルを合わせます。

  2. ウィジェットコンテナ内のアクションメニュー (Options) を開きます。

  3. [Webコンテンツの編集] を選択してエディターを起動するか、 [テンプレートの編集] を選択してWebコンテンツ記事のテンプレート用のテンプレートエディターを起動します (ある場合)。

Open OfficeとWebコンテンツの表示の統合

Liferay PortalのインスタンスでOpenOffice/LibreOfficeの統合を有効にしている場合は、コンテンツのドキュメントの変換を有効にできます。 その後、ユーザーは選択した形式でコンテンツをダウンロードできます。 ユーザーツール のリストで、Webコンテンツ表示の設定ページに希望する変換オプションを有効にします。

アセットの変換オプションが一覧表示されます。

関連情報