Documentation

SEO と Open Graph の設定

表示ページ テンプレートを使用すると、Web コンテンツの記事、ドキュメント、ブログエントリーなど、さまざまなコンテンツ タイプを表示するための標準フォーマットを作成できます。 テンプレートを設定する場合、表示されるコンテンツに動的に入力される SEO および Open Graph フィールドを定義できます。

既存の表示ページ テンプレートに対してこれらの設定を作成または構成するには、サイトメニューの [デザイン][ページ テンプレート] に移動して、[表示ページ テンプレート] タブをクリックします。

 [表示ページテンプレート]タブをクリックします。

追加ボタン(Add button)を使用して新しいテンプレートを作成するか、アクション ボタン (Actions button)をクリックして [構成] を選択して既存のテンプレートを編集します。 ここでは、構成オプションが [SEO] および [Open Graph] の 2 つのタブに編成されています。

SEO 設定の構成

検索エンジン最適化 (SEO) とは、検索エンジン結果ページ (SERP) でのページのランキングを改善するために使用される方法を指します。 Liferay DXP を使用すると、SEO を最適化するために表示コンテンツを動的に構成する表示ページ テンプレートを作成できます。

HTMLタイトル

[HTML タイトル] フィールドは、表示ページの <title> タグを定義します。 このタイトルは、検索エンジンによってページのランク付けに使用され、検索エンジンの結果でページの見出しとして機能します。 デフォルトでは、表示ページ テンプレートはこのフィールドを [タイトル] にマップしますが、他のテキスト フィールドを選択することもできます。 HTML タイトルの推奨される長さは 60 文字未満です。

 [HTML タイトル] フィールドは、表示ページのタイトル メタ タグを定義します。

説明

[説明] フィールドは、表示ページの説明 <meta> タグを定義します。 この説明は、ページをランク付けするために検索エンジンによって使用され、ページのプレビューとして検索エンジンの結果に表示されます。 デフォルトでは、表示ページ テンプレートはこのフィールドを [説明] にマップしますが、他のテキスト フィールドを選択することもできます。 ページの説明の推奨される長さは 155 文字未満です。

 [説明] フィールドは、表示ページの説明メタ タグを定義します。

ロボット

[ロボット] フィールドは、表示ページの robots.txt ルールを構成します。 これらのルールは、サイトをクロールしてインデックスを作成する検索エンジンやその他のツールに指示を与え、クロールするパスとクロールしないパスを定義します。 Web クローラーは、robots.txt の指示に従う場合もあれば、従わない場合もあることに注意してください。 言語フラグを使用して、このフィールドをローカライズすることもできます。

 [ロボット] フィールドは、表示ページの robots.txt ルールを構成します。

サイトマップ

表示ページを sitemap.xml ファイルに含めるかどうかを決定し、重要度定期更新を設定します。 これらのフィールドは、表示ページをクロールしてインデックスを作成するかどうか、他のサイト ページと比較してそのページにどのように優先順位を付けるか、および更新頻度を検索エンジンに通知します。

sitemap.xml ファイルに表示ページを含めるかどうかを決定し、その重要度と定期更新を設定します。

Open Graph 設定の構成

Open Graph は、サイトのメタデータがソーシャル ネットワークでどのように表示されるかを標準化するインターネット プロトコルです。 Liferay DXP を使用すると、ページの Open Graph <meta> タグを動的に構成する表示ページ テンプレートを作成できます。

注釈

表示されるコンテンツの場合、ここで定義された値は、Liferay インスタンスの他の場所で定義されたデフォルト値を上書きします。

タイトル

[タイトル] フィールドは、表示ページの og:title プロパティを定義します。これは、リッチ プレビューでコンテンツに表示されるタイトルを定義します。 デフォルトでは、このフィールドは [タイトル] にマップされます (SEO の [HTMLタイトル] フィールドなど)。 他のテキスト フィールドを選択することもできますが、SEO のタイトルと Open Graph のタイトルを一緒に更新することをお勧めします。

 [タイトル] フィールドは、表示ページの og:title プロパティを定義します。

説明

[説明] フィールドは、表示ページの og:description プロパティを定義します。これは、リッチ プレビューでコンテンツに表示される説明を決定します。 デフォルトでは、表示ページ テンプレートはこのフィールドを [説明] にマップします(SEO の [説明] フィールドなど)。 他のテキスト フィールドを選択することもできますが、SEO と Open Graph の説明を一緒に更新することをお勧めします。

 [説明] フィールドは、表示ページの og:description プロパティを定義します。

画像

[画像] フィールドは、表示ページの og:image プロパティを定義します。これは、リッチ プレビューでコンテンツに表示される画像を構成します。 基本的な画像タグに加えて、DXP は、選択した画像の表示方法を決定する多くの構造化プロパティを自動的に追加します。 [画像] フィールドは、次の <meta> タグを定義します。

<meta property="og:image" content="http://example.com/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:secure_url" content="https://secure.example.com/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:type" content="image/jpeg" />
<meta property="og:image:width" content="400" />
<meta property="og:image:height" content="300" />

デフォルトでは、このフィールドは表示ページ テンプレートにマップされていません。 つまり、別の画像フィールドを選択しない限り、テンプレートはデフォルトでサイト レベルで設定された画像になります。

 [画像] フィールドは、表示ページの og:image プロパティを定義します。

画像の別の説明

[画像の別の説明] フィールドは、表示ページの og:image:alt プロパティを定義します。これは、表示されたコンテンツの og:image プロパティに対してスクリーン リーダーが読み取る代替テキストを決定します。

<meta property="og:image:alt" content="This is an example." />

デフォルトでは、このフィールドは表示ページ テンプレートにマップされていません。 つまり、別のテキスト フィールドを選択しない限り、テンプレートはデフォルトでサイト レベルで設定された代替テキストになります。

 [画像の別の説明] フィールドは、表示ページの og:image:alt プロパティを定義します