Documentation

コンテンツの表示

コンテンツは、さまざまな方法で表示できます。 選択するオプションは、表示するアセットのタイプ、一度に表示するアセットの数、コンテンツの表示方法によって異なります。 Webコンテンツの表示ウィジェット、アセットパブリッシャーウィジェット、および表示ページテンプレートという 3 つの主要なオプションを使用できます。 以下の表は、これらの表示オプションの主要な動作を比較しています。

動作

Webコンテンツの表示

アセットパブリッシャー

表示ページ

個々のコンテンツの表示

複数のコンテンツ タイプをサポート

手動コンテンツ選択をサポート

複数のコンテンツの表示

動的コンテンツ選択をサポート

独自のページにコンテンツを表示

Webコンテンツに固有のフレンドリURLを提供

Webコンテンツの表示ウィジェット

Webコンテンツの表示ウィジェットは、個々の Web コンテンツ記事を表示します。 コメントや印刷オプションなど、ユーザーが有効にできるカスタマイズ可能な機能を提供します。 詳細は、Webコンテンツの表示ウィジェットの使用を参照してください。

アセットパブリッシャー

アセットパブリッシャーは、一度に複数のコンテンツを表示します。 あらゆる種類のアセットを表示できます。

表示するアセットを指定できます。 たとえば、特定のタグやキーワードなど、特定の条件を満たすアセットのみを表示するように指定できます。 アセットを手動で選択してアセットの静的コレクションを作成するか、コンテンツをその場で動的に選択するように設定することができます。 詳細は、Using the Asset Publisher Widgetを参照してください。

ディスプレイページテンプレート

ディスプレイページテンプレートは、Webコンテンツをページ上でどのように編成およびフォーマットするかを定義します。 アセットパブリッシャーなどのアプリを介して、またはWebコンテンツのフレンドリURLを介して直接、完全なWebコンテンツを表示すると、ディスプレイページテンプレートに基づいて独自のページに表示されます。 詳細は、Using Display Pagesを参照してください。

その他の方法

別のURLからコンテンツを埋め込む必要がある場合は、 IFrameウィジェットを使用 することができます。 たとえば、マルチメディア (ビデオ、インタラクティブ要素など) を含めたり、iframeに広告を表示したりできます。