Documentation

ウィジェットページのユーザーパーソナライズの有効化

管理者は、ウィジェットページの一部またはすべてのセクション(ページレイアウトの行と列)を、サイトメンバーがカスタマイズできるものとして指定できます。 ページのカスタマイズは、カスタマイズを行ったユーザーにのみ表示されます。 以下の手順では、これらのトピックについて説明します。

ページのカスタマイズを有効にする

ページのカスタマイズを有効にするには、次の手順に従います。

  1. Liferay DXPメニューを開き、サイトのメニューから [サイトビルダー] → [ページ] へ移動します。

  2. サイトのメンバーに変更を許可するページの横にあるアクションメニューを開き、 [構成] を選択します。

  3. ページ上部の [詳細設定] タブを選択し、 [カスタマイズの設定] パネルを展開してください。

  4. Customizable] オプションを[Yes]に切り替えます。

    ページをカスタムを有効にするには、ページの横にある[ページ設定]ボタンをクリックし、カスタマイズ設定領域を展開して、[カスタマイズ可能]ボタンをクリックします。

  5. カスタマイズ可能にするセクションごとに、 [Not Customizable] オプションを [Customizable] に切り替えます。

ページのカスタマイズ

ページのカスタマイズを有効にすると、サイトメンバーは右上の追加メニューからページのカスタマイズ可能なセクションにアプリを追加できます。 サイトメンバーは、カスタマイズ可能な領域に対して2種類のカスタマイズを行うことができます。

  • アプリを追加または削除する

  • アプリケーションを設定する

注釈

追加されたサイトに関連付けられているため、サイトメンバーは、カスタマイズ領域内のインスタンス化できないアプリの設定は変更できません。

サイトメンバーは、コントロールメニューのページの オプション メニュー(Options)からこれらのコンテキストオプションにアクセスできます。

  • View Page without my customizations] :デフォルトページを表示し、追加メニューを非表示にします。

  • Reset My Customizations] :カスタマイズされたページをデフォルトページに戻し、カスタマイズを破棄します。

  • カスタマイズページの参照 :ユーザーのカスタマイゼーションを含むページを表示し、追加メニューを使用可能にして、ユーザーがウィジェットをページに追加できるようにします。

ページ上でアプリを整理すると、カスタマイズ可能な領域が緑色で強調表示されます。

カスタマイズ可能なページの管理者には、サイトメンバーと同じ2つのビューがあります。 デフォルトのページ ビュー、 カスタマイズされたページ ビューです。 デフォルトページのカスタマイズできないセクションの変更は、他のページと同様にすべてのユーザーに影響しますが、カスタマイズしたセクションの変更は自分だけに影響し、ユーザーのカスタマイズを上書きすることは ありません

ページをカスタマイズするためのロール権限の付与

デフォルトでは、サイトメンバーはページをカスタムすることができますが、サイト以外のメンバーとゲストは行うことができません。 管理者は、既存のロールの権限を更新するか、新しいロールを作成し、それを他のユーザーに割り当てて、ページをカスタマイズできるようにすることができます。 次の手順に従って、ページをカスタマイズするためのロール権限を付与します。

  1. Liferay DXPメニューを開き、 [コントロールパネル] → [ユーザー] → [ロール] と進んでください。

  2. ロールのアクションメニューを開き、 [編集] を選択します。

  3. ロールの [権限の定義] タブをクリックし、概要の [サイト管理] → [サイトビルダー] → [ページ] へ移動してください。

  4. リソース権限 見出しの下のページセクションまでスクロールし、 カスタマイズ 権限を確認します。

  5. 下にスクロールして、 [保存] をクリックして変更を適用します。

注釈

カスタマイズ権限により、ユーザーはアプリのルックアンドフィールをカスタマイズしたり、アプリの設定をインポートまたはエクスポートしたりすることができます。