Documentation

コンテントページのコンテンツの管理

コンテントページとテンプレートを編集または作成する場合、それらに追加されたドキュメント、Webコンテンツ記事、コレクション、またはインラインテキストをすばやく表示および編集できます。 これを行うには、編集サイドバーの ブラウザ パネル(Browser)を開き、 [ページコンテンツ] タブをクリックします。

ブラウザパネルを開き、[ページコンテンツ]タブをクリックします。

[ページコンテンツ]タブには、フラグメントとサポートされているウィジェット(つまり、アセットパブリッシャーとWebコンテンツの表示)を使用して追加されたすべてのコンテンツが一覧表示されます。 これには、フラグメントに直接追加されたコンテンツと、フラグメント要素にマップされたコンテンツが含まれます。

重要

動的またはコレクションの選択を使用してアセットパブリッシャーに表示されるコンテンツは、[ページコンテンツ]タブに表示されません。 また、コンテナの背景画像を除いて、背景画像は表示されません。

ここから、コンテンツをタイプ(Webコンテンツ、ドキュメント、コレクション、インラインテキストなど)別にフィルタリングし、次のコンテンツ管理アクションを実行できます。

**Webコンテンツの記事ドキュメント :目的のアセットの アクション ボタン(Actions Button)をクリックし、次のオプションから選択します。

**編集 :選択したアセットを独自のアプリケーションコンテキスト(つまり、Webコンテンツまたはドキュメントとメディア)で編集します。 **画像の編集(ドキュメントの場合):選択した画像を切り抜きまたは回転します。 **権限設定 :ユーザーロールごとにアセットの権限を編集します。 **利用数を表示 :サイトページ、ページテンプレート、および表示ページテンプレートでアセットのすべての使用状況を表示します。

**コレクション :目的のコレクションの アクション ボタン(Actions Button)をクリックして、オプションを選択します。 使用可能なオプションは、コレクション表示フラグメントが手動で定義されたコレクションを使用するか、コレクションプロバイダーによって動的に定義されたコレクションを使用するかによって異なります。 手動で定義されたコレクションには、次のすべてのアクションが含まれます。 ただし、動的に定義されたコレクションには、[項目の参照]オプションしか含まれません。

**編集 :ネイティブアプリケーションコンテキストでコレクションを編集します。 **項目の参照 :コレクションに含まれるすべての項目を表示します。 これによりモーダルウィンドウが開き、ここで各項目を編集するか、表示ページに表示するかを選択できます。 **Add Items :コレクションに項目を追加します。 **権限設定 :ユーザーロールごとにコレクションの権限を編集します。

  • インラインテキスト:目的のテキストの[編集]ボタン(編集ボタン)をクリックして、ページまたはテンプレートで直接編集を開始します。 これには、デプロイされたフラグメントのシンプルなテキスト要素とリッチテキスト要素の両方が含まれます。 リッチテキスト要素を編集しているときに、テキストを強調表示して追加の書式設定オプションにアクセスできます。

    注釈

    インラインテキストを編集するには、インラインコンテンツの編集権限が必要です。

Liferay DXP/Portal 7.3の場合

Liferay DXP/Portal 7.3の場合、 コンテンツ パネル(Contents)のフラグメントとウィジェットを使用して展開されたWebコンテンツを確認できます。

  1. コンテンツページ、マスターページテンプレート、ページテンプレート、または表示ページテンプレートを編集または作成します。

  2. サイドバーの コンテンツ パネル(Contents)を開きます。

    このページで使用されているコンテンツと、そのページが使用されているページの数と共にここに表示されます。 リストのコンテンツにカーソルを合わせると、ページにコンテンツを表示するウィジェット、マップされたコンテンツ項目、およびフラグメントが強調表示されます。

    注釈

    動的選択されたアセットパブリッシャーに表示されるWebコンテンツはコンテンツパネルに表示されません。 このコンテンツは、コントロールパネルのWebコンテンツ管理アプリから直接管理する必要があります。

  3. リストアップされたコンテンツの横にあるアクション(Actions)メニューを開き、コンテンツを管理します。 次のアクションを使用できます。

    **編集 :Webコンテンツを編集します **権限設定 :Webコンテンツの権限を更新します **利用数を表示 :Webコンテンツがサイトで使用されている場所を確認します