Documentation

コンテンツページの構築

コンテンツページを追加したら、さまざまなコンテンツページ要素を追加して構成することにより、ページの作成を開始できます。

コンテンツページへの要素の追加

コンテンツページの作成を開始するには:

  1. コンテンツページのSite Builderビューに入ります。 製品メニューを開き、サイトのメニューから [Site Builder] → [Pages] に移動します。

     [Site Builder]メニューで新しいコンテンツページを編集することから始めます。

    コンテンツページは、最初は空白です。 ページを作成するには、フラグメントを追加する必要があります。

    注釈

    新しいコンテンツページは空で始まり、下書きステータスになります。 ページは公開されるまで表示されません。

  2. コンテンツページのサイドバーを開き、ページフラグメント要素の追加を開始します。

    ページにフラグメントを追加して、必要なモックアップを作成します。

  3. ページフラグメントの編集可能な部分を設定して、コンテンツページの外観をカスタマイズします。 要素は、次のいくつかの方法で設定できます。

    フラグメントを変更して、必要なコンテンツを表示します。

    ちなみに

    コンテンツページで進行中の作業は自動的に保存されます。

  4. 右上の [Publish] ボタンをクリックして、更新をライブページで利用できるようにします。

コンテンツページで要素を設定する

コンテンツページに追加できる多くの要素は、構成およびカスタマイズできます。 要素をクリックすると、選択した要素で使用可能な構成にアクセスできる管理ツールバーが提供されます。

背景色の設定

レイアウトの背景色を設定できます。 次の手順を実行します:

  1. レイアウトをクリックして選択します。

  2. Background Color)アイコンをクリックして色を選択します。

レイアウトの背景色を設定できます。

注釈

使用可能なカラーパレットは、フラグメント開発者が設定できます。 詳細については、Fragment Configuration Typesを参照してください。

背景画像の使用

レイアウトの背景画像を設定できます。 次の手順を実行します:

  1. レイアウトをクリックして選択します。

  2. [Layout Background Image] を選択し、表示する画像を選択します。

    レイアウトには、背景色、背景画像、間隔のオプションがあります。

    注釈

    レイアウトの背景画像のマッピングは、Liferay DXP 7.2 SP1+およびLiferay Portal 7.2 GA2+で使用できます。

テキストの編集

  1. 編集するテキストをクリックします。

  2. プレーンテキストの場合はテキストを置き換えるか、インラインテキストエディターを使用してリッチテキストスタイル、印刷上の強調、配置、およびリストの書式を更新します。

編集可能なテキストを変更できます。

ハイパーリンクの編集

  1. 編集するリンクまたはボタンをクリックします。

  2. リンクテキストを編集する場合は(Edit)をクリック、リンクプロパティを編集する場合は(Link)をクリック、リンクマッピングを編集する場合は(<2 />)をクリックします(前述のとおり)。

    リンクプロパティのポップアップから、以下のリンクオプションを定義できます。

    Manual: 手動リンクを定義するか、既存のコンテンツフィールドにマッピングします

    • URL: リンクのURLを設定します

    • Target: リンクの動作を設定します

    [From Content]フィールド:

    • Content: コンテンツタイプを設定します

    • Field: 選択したコンテンツに対して表示するフィールドを設定します

    使用可能なコンテンツフィールドの一部のリストを以下に示します。

    • Categories

    • Tags

    • Display Page URL

    • Description

    • Publish Date

    • Summary

    • Title

    • Last Editor Name

    • Author Name

    • Basic Web Content

編集可能なリンクを変更できます。

フラグメントのコピー

ページにフラグメントを複製して時間を節約できます。 次の手順を実行します:

  1. コピーするフラグメントにカーソルを合わせます。

  2. フラグメントをクリックして選択します。

  3. 表示されるコンテキストメニューの[Duplicate Fragment]ボタンをクリックします。

ページ上でフラグメントを複製できます。

間隔の調整

レイアウト に複数の列がある場合、列の間隔を調整してカスタムレイアウトを作成できます。 次の手順を実行します:

  1. レイアウトをクリックして選択します。 各列の間にサイズを変更できることを示す青い点が表示されます。

  2. 青い点の1つをクリックし、左または右にドラッグして、列のサイズを調整します。

レイアウトの列の間隔を調整して、カスタムレイアウトを作成できます。

注釈

レイアウトには同じ数の列が含まれている必要があります。 ドラッグして列を削除することはできません。 必要な列数のレイアウトを選択し、必要に応じてサイズを再調整してください。

一般設定

一部の初期設定のフラグメントで使用できます。 このメニューオプションは、コンテキスト固有のフラグメント設定を表示します。 これらの設定のリファレンスについては、Basic Component Configuration Referenceを参照してください。

コンテンツのマッピング

これらの要素をコンテンツにマップすることもできます。 要素に コンテンツ(Webコンテンツの記事、ドキュメント、またはブログ)を設定し、表示する適切な フィールド(タイトル、作成者名、タグなど)を選択できます。 これは、要素の マップ ボタン(Map)を選択して設定できます。

注釈

多くのマッピングの改善が Liferay DXP 7.2 SP1+およびLiferay Portal 7.2 GA2+でリリースされました。 たとえば、編集可能な要素を既存のコンテンツのテキスト/URLフィールドにマッピングしたり、フラグメントの背景画像を既存のコンテンツの画像フィールドにマッピングしたりできます。 カスタムフィールドをマップすることもできます。

コンテンツページを作成するときに、ユーザーセグメントに基づいてユーザー向けにさまざまな エクスペリエンス を作成できます。 既存のユーザーセグメントのコンテンツページに、独自のエクスペリエンスを作成できます。 詳細については、Content Page Personalization guideを参照してください。

追加情報