Documentation

サイトテンプレートとサイト変更のマージ

サイトテンプレートから作成されたサイトに変更を加えると、サイトテンプレートとサイトはリンクされなくなります。 その時点からサイトテンプレートに加えられた変更は、サイトに 伝播されません

サイトテンプレートへのサイトの再リンク

リンクが解除された後に、サイトテンプレートからサイトに変更を伝搬する場合も、心配はありません。 サイトをサイトテンプレートに再リンクすることができます。 次の手順を実行します:

  1. コントロールメニューに表示されるインフォメーションアイコン(Information)をクリックすると、インフォメーションダイアログが表示されます。

  2. インフォメーションダイアログの [Reset Changes] リンクをクリックして、サイトテンプレートからの更新をマージします。

    警告

    変更をリセットすると、サイトとサイトテンプレートのリンクが解除されてからページに加えられた変更が元に戻ります。 そのため、意図せずに変更が失われてしまうことがあります。 注意して続行してください。

複数のサイトページが変更されていて、それらのページにサイトテンプレートのページを再度適用したい場合は、各ページから [Reset Changes] ボタンを手動でクリックする必要があります。

情報アイコンをクリックすると、サイトテンプレートに関する重要な情報が表示されます。

サイトテンプレートからアプリの設定をマージする

サイトテンプレート管理者は、サイトテンプレートページのアプリの環境設定を行うことができます。 Liferay 管理者がサイトテンプレートからサイトを作成すると、アプリの環境設定はサイトテンプレートのアプリからコピーされ、デフォルトのアプリの環境設定はすべて上書きされます。 サイトテンプレートとサイトの変更を統合するとき(リセットするときなど)、アプリの環境設定はサイトテンプレートのアプリからサイトのアプリにコピーされます。 IDを参照していないグローバルアプリの環境設定またはローカルアプリの環境設定のみが上書きされます。

サイトテンプレートからアプリデータをマージする

サイト管理者は、サイトテンプレートアプリケーションにデータを追加することもできます。 例えば、サイトテンプレート管理者は、サイトテンプレートページにWikiアプリを追加し、Wikiを使ってたくさんの記事を作成することができます。 Liferay管理者がサイトテンプレートからサイトを作成すると、データはサイトテンプレートのアプリからサイトのアプリにコピーされます。 本サイトのアプリの環境設定は、コピーされたデータのIDで更新されます。 例えば、複数のWiki記事を持ったWikiアプリを持つサイトテンプレートからサイトを作成した場合、Wiki記事はサイトテンプレートのスコープからサイトのスコープにコピーされ、サイトのWikiアプリはコピーされたWiki記事のIDで更新されます。

重要

アプリのデータ(掲示板のカテゴリなど)、フラグメントベースのページ、関連リソース、リソースの権限は、サイトがテンプレートに基づいて最初に作成された場合のみサイトテンプレートからサイトへのコピーされます。 これらのエンティティに加えられた変更は、本サイトが作成された後、本サイトに伝播されません。 また、このような変更は、リセットまたはリセットとプロポゲーション機能によってサイトに伝播されることはありません。

サイトテンプレートマージの競合を解決する

サイトテンプレートとサイトの変更の結合に失敗することがあります。 例えば、そのフレンドリURLが衝突しているためにサイトテンプレートからのページを伝搬できない場合、Liferay DXPは何度か失敗した後にマージを停止します。 これを解決するには、以下の手順を実行してください。

  1. 表示されたマージエラーに注意して、マージの競合を修正してください。

  2. 競合を解消したら、プロダクトメニューを開き、サイトメニューの [設定] → [サイト設定] に移動します。

  3. リセットとプロポゲーション] ボタンをクリックすると、マージの失敗回数がリセットされ、サイトの変更を再度反映させようとします。

注釈

この処理は、ページテンプレートのマージでも行うことができ、同様の手順で行います。

図2:このタイプの警告は、サイトテンプレートページとフレンドリURLが競合している場合に表示されます。