Documentation

Kaleoフォーム

Liferayの KALEOフォーム ソリューションの特徴を兼ね備えた ワークフローデザイナー動的データリスト フォームベースのビジネスプロセスを作成します。 これを使えば、フォームとワークフローのタスクを統合して、会議室のチェックアウトフォームやサポートチケットのプロセスなどを作成することができます。

Kaleoフォームプロセスの作成

以下の手順で、Kaleoフォームの新規プロセスを作成します。

  1. サイトメニュー を開き、 コンテンツ & データKaleo Form管理 に移動します。

  2. 追加 ボタン Add Button をクリックして、新規プロセスウィザードを開きます。

  3. 新しいプロセスの 名前説明 を入力して、 [Next] をクリックします。

    名前と説明を入力して、次へをクリックします。

  4. フィールドセット を選択して、プロセスのフォームに表示できるフィールドを定義します。

    既存のフィールドセットから選択することも、新規に作成することもできます。 既存のフィールドセットに含まれるすべての要素をプレビューするには、 [フィールドの表示] をクリックします。

    • 既存のフィールドセットを選択するには、 アクション ボタン Actions Buttonをクリックし、 [選択] を選択します。 また、 [編集] を選択して、フィールドセットを修正してから選択することもできます。

    • 新しいフィールドセットを作成するには、 [Add Field Set] をクリックし、必要な要素を組み込みます。 完了したら、 [保存] をクリックし、ダイアログウィンドウを閉じると、選択可能なフィールドセットのリストが更新されます。 詳しくは、 データ定義の作成 をご覧ください。

    フィールドセットを選択したら、 [次へ] をクリックします。

    プロセスのフォームのフィールドを定義するために[フィールドセット]を選択し、[次へ]をクリックします。

  5. 新しいプロセスのフォームに使用する [Workflow] を選択します。

    既存の公開済みワークフローから選ぶことも、新規に作成することもできます。

    • 公開されている既存のワークフローを選択するには、 [アクション] ボタン Actions Buttonをクリックし、 [選択] を選択します。 また、 編集 を選択して、ワークフローを修正してから選択することもできます。

    • 新しいワークフローを作成するには、 [Add Workflow] をクリックして、必要な要素を組み込みます。 詳細は、 ワークフローデザイナーの概要 を参照してください。 完了したら、 [発行] をクリックし、ダイアログウィンドウを閉じると、選択可能なワークフローのリストが更新されます。

    ワークフローを選択したら、 [Next] をクリックします。

    新しいプロセスのフォームに使用するワークフローを選択し、[次へ]をクリックします。

  6. 各ワークフローのタスクに使用する フォーム を選択します。

    既存のフォームから選択することも、新規に作成することも可能です。

    • 既存のフォームから選択するには、タスクの アクション ボタン Actions Buttonをクリックし、 [フォームの割り当て] を選択します。 そして、目的のフォームをクリックします。 一度割り当てられたフォームは、タスクの アクション ボタンからいつでも編集したり、割り当てを解除したりすることができます。

    • 新しいフォームを作成するには、各タスクの アクション ボタン Actions Buttonをクリックし、 [フォームの割り当て] を選択します。 そして、 追加 ボタン Add Buttonをクリックして、カスタムフォームをデザインします。 完了したら、 [Save] をクリックします。 そして、選択したワークフロータスクに新しいフォームを割り当てることができます。

    ワークフローの各タスクで使用するフォームを選択し、[保存]をクリックします。

  7. Save] をクリックします。

Kaleoフォームプロセスの利用

以下の手順で、Kaleoフォームのプロセスを開始します。

  1. サイトメニュー を開き、 コンテンツ & データKaleo Form管理 に移動します。

  2. 使用したい Kaleoフォームプロセス をクリックし、 追加 ボタン Add Buttonをクリックします。 選択したプロセスの初期フォームに移動します。

  3. 最初のフォームに必要事項を記入し、 [保存] をクリックすると、最初のワークフロータスクが完了します。

最初のフォームに必要事項を入力し、[保存]をクリックすると、Kaleoフォームのプロセスが開始されます。

保存されると、ワークフローエンジンが所定の処理を実行し、後続のワークフロータスクに割り当てられたユーザーに通知されます。 これらのタスクは、 パーソナルメニュー にある [My Workflow Tasks] で表示できます。

PersonalメニューのMy Workflow Tasksで、自分や自分の役割に割り当てられたKaleoのプロセスタスクを表示します。

ここからは、指定されたタスクを完了するためのプロセスをクリックし、指定されたタスクフォームを編集、拒否、または承認して、解決に向けてプロセスを進めることができます。 利用可能なオプションと条件は、選択されたKaleoフォームのプロセスによって定義されます。

ワークフローでKaleoフォームの入力を追跡する

Liferay 7.4アップデート1では、Kaleo Form管理アプリケーションのUIに新機能が追加され、送信済みの各フォームのワークフローでの進行状況を図ビューで確認できるようになりました。

ワークフローを通じて各Kaleoフォームを追跡します。

図ビューにアクセスするには、エントリーのアクションメニューの[Track Workflow]設定オプション(Actions)をクリックします。