Documentation

ストレージアダプターの使用

ユーザーがフォームレコードを追加すると、Liferayは ストレージアダプター APIを経由してリクエストの処理をルーティングします。 これは、フォームエントリーに対して行われる他の CRUD 操作(読み取り、更新、削除)についても同様です。 ストレージサービスのデフォルトの実装は、Liferayデータベースに保存するためにフォームをJSONに変換します。

Liferayフォームのストレージアダプターは設定可能です。

デフォルトの JSON ストレージアダプターは、Liferay 7.4 で デフォルト に名前が変更されました。 デフォルトのアダプターに加えて、Liferay 7.4 からは オブジェクト ストレージアダプタがあります。 システムにカスタムストレージアダプターが含まれている場合、さらに多くのアダプターが存在する可能性があります。

注釈

既存のフォームをLiferay 7.4 デフォルトストレージアダプターに移行するアップグレードプロセスがあります。

システム内のストレージアダプターを確認するには、

  1. 新規フォームを追加します。

  2. 右上のSettingsアイコンをクリックします。

  3. [共通]タブで、[ストレージの種類]のリストオプションを展開します。

動的データマッピング(DDM)バックエンドは、フォームレコードの他のストレージ形式に 適応 することができます。 これにより、フォームデータをデフォルトのJSONではなく、XMLやYAML(または好みのフォーマット)として簡単にシリアライズすることができ、Liferayデータベースを含む任意の場所にフォームデータを保存することを選択できるようになります。

重要

フォームを保存した後に、ストレージアダプターを変更することはできません。 既存のすべてのフォームは、作成時に設定されたアダプターを引き続き使用し、異なるストレージアダプターを選択することはできません。

ストレージタイプ

Description

Liferayバージョン

デフォルト

デフォルトのアダプターを使用して、フォームのレコードを Liferayフォームデータベーステーブルに保存します。

7.4+

オブジェクト

オブジェクトアダプターを使用して、フォームのレコードをLiferay Objectにマッピングします。 このオプションを選択した後、既存のLiferay Objectを選択し、フォームのフィールドをオブジェクトのフィールドにマッピングする必要があります。 フォームレコードデータは、JSONでオブジェクトの専用データベーステーブルに保存されます。

7.4+

JSON

Liferay 7.2 と 7.3 の JSONアダプターを使って、フォームのレコードをJSONでLiferayフォームのデータベーステーブルに保存します。

7.2および7.3