Documentation

コマンドラインGogo シェル

開発環境にいる場合は、コマンドラインからローカルでモジュールフレームワークを操作できます。

警告

Gogoシェルは、開発環境のコマンドラインからのみ実行してください。 本番環境では、 Gogo シェルの使用 で説明されているように、コントロールパネルでGogoシェルを実行してください。

前提条件

コマンドラインでGogoシェルを使用するには、サーバーが開発者モードで動作している必要があります。 サーバーの開発者モードを有効にするには、デベロッパー・スタジオで有効にするか、または以下の ポータルプロパティ を設定します。

include-and-override=portal-developer.properties

コマンドの実行

Blade CLIまたはtelnetセッションを使用してGogoシェルコマンドを実行できます。

Blade CLIの使用

Blade CLIを使って個々のコマンドを実行することができます。

blade sh [Gogo shell command]
blade sh [another Gogo shell command]
...

Telnetセッションの利用

telnetセッションでコマンドを実行することができます。

  1. セッションを開きます。

    telnet localhost 11311
    
  2. Gogoのシェルコマンドを実行します。

  3. コマンドの実行が終わったら、 disconnectコマンドを実行してセッションを終了します。

警告

以下のコマンドは実行しないでください。 モジュールのフレームワークが停止してしまいます。

close

exit

shutdown

まとめ

コマンドラインからGogoシェルを実行する方法がわかったので、使用可能なGogoシェルコマンドを調べます。 本番環境でGogoシェルを使用する必要がある場合は、 Gogo シェルの使用 を参照してください。