Documentation

依存関係の指定

モジュールを正常にコンパイルおよびデプロイするには、すべての依存関係を満たす必要があります。 依存関係のアーティファクトを見つけたら、Gradleビルドファイルに依存関係として追加します。 Liferayには、実行時にすでに多くのアーティファクトが含まれています。 他のアーティファクトに依存している場合は、それらを手動でデプロイするか、モジュールに含める必要があります。 ここでは、依存関係の構成手順と例を示します。

依存関係の構成

  1. build.Gradleファイルを開きます。

  2. dependenciesセットがまだ存在しない場合は、それを宣言 します。

    dependencies {
    }
    
  3. モジュールにLiferay、OSGi、またはBndのパッケージが必要な場合は、Liferay Portal APIにcompileOnly依存関係を追加します。

    dependencies {
        compileOnly group: "com.liferay.portal", name: "release.portal.api"
    }
    
  4. モジュールがコンパイルまたはデプロイされない場合は、必要なパッケージを提供するアーティファクトを見つけて、アーティファクトにcompileInclude依存関係を追加します。

    dependencies {
        compileOnly group: "com.liferay.portal", name: "release.portal.api",
        compileInclude group: 'com.google.guava', name: 'guava', version: '19.0'
    }
    
  5. モジュールをデプロイし、Gogo シェルコマンドを使用するかログを参照して、満たされていないパッケージの依存関係がないかどうかを確認します。

  6. 満たされていない依存関係がある場合は、次のように解決します。

    モジュールの依存関係の場合は 、必要なモジュールをデプロイします。 詳細は、アプリのインストールと管理を参照してください。

    ライブラリの依存関係の場合はサードパーティライブラリパッケージの依存関係の解決の手順に従ってください。

依存関係の指定は、信頼できるスキルです。