Documentation

アップグレードの基本

Liferayのツールや説明書は、DXPやポータル環境を安全かつ迅速にアップグレードするのに役立ちます。 小さなデータセットを持つ非クラスター環境などは、Dockerイメージを使ってアップグレードすることができます。 複雑で、より大きなデータセットを持つ、または多くのカスタマイズがあるDXP環境およびポータル環境は、データベースアップグレードツールを使用してアップグレードします。

警告

アップグレードする前に、必ずデータベースとインストールをバックアップしてください。 バックアップコピーでアップグレードプロセスをテストすることをお勧めします。

注釈

Docker経由でのアップグレードは、小規模でカジュアルなポータル環境でデータベースをアップグレードする最も簡単な方法です。

アップグレードを始める前に、必要な項目を検討しましょう。 アップグレードに関するトピックは、次のカテゴリに分類されます。

準備と計画

準備と計画は、小規模でカジュアルなインストールではあまり重要でない場合がありますが、大規模なエンタープライズレベルのインストールでは 必須 です。

利用可能なアップグレードパスの確認

次の表で現在のLiferay DXP/ポータルのバージョンを調べて、インストールのアップグレードパスを確認してください。

アップグレードパス

Description

Liferay DXP/Portal 6.2+ → DXP 7.4

Liferay Portal 6.1.x → DXP/Portal 7.1 → DXP 7.4

Liferay Portal 6.1のサポート期間は終了しました

Liferay Portal 5.xおよび6.0.x → Liferay Portal 6.2 → Liferay DXP 7.4

Liferay Portal 5.0、5.1、5.2、および6.0のサポート期間は終了しました

Liferay Portalを同じマイナーバージョンの新しいGAにアップグレードする場合(たとえば、7.3 GA1からGA2にアップグレードする場合)、データスキーマに変更がない場合は、新しいGAの使用をすぐに開始できます。 スキーマが変更された場合、起動メッセージには、 データベースをアップグレード する必要がある新しいデータスキーマバージョンが報告されます。Dockerイメージを使用してアップグレードを呼び出すのが最も簡単です。

パスにLiferay Portal 6.2へのアップグレードが含まれている場合は、最初に Liferay Portal 6.2のアップグレード手順 に従ってください。

注釈

一部の新しいLiferayバージョンでは、テーブル列の名前が変更されています。 これらの列に関連付けられている 仮想列 はデータベースのアップグレードを妨げるため、アップグレードの前に削除する必要があります。 アップグレード後、同等の仮想列を追加できます。 詳細については、 アップグレードのトラブルシューティング を参照してください。

非推奨項目およびデフォルト設定の変更点を確認する

Liferayの新しいバージョンでは、機能と構成のデフォルトが変更されている場合があります。 最新の非推奨項目および機能と設定の変更点については、リファレンスセクションまたは次の記事を参照してください。

アップグレードパッチのリクエスト(サブスクリプション)

サブスクリプション

Liferay DXPサブスクリプションをお持ちの場合は、最新のフィックスパックにアップデートするか、データベースのアップグレードの準備をするためのアップグレードパッチをリクエストしてください。 このプロセスを開始するには、 ヘルプセンター でチケットを提出してください。

出版物の準備

パブリケーション がインスタンスで有効になっている場合、アップグレードする前にすべてのアクティブなパブリケーションを発行していることを確認してください。 アップグレード後、アクティブなパブリケーションは古いとマークされ、パブリッシュや変更を行うことができなくなります。

注釈

アップグレード前に公開したものは、アップグレード処理後に元に戻すことができないので、注意してください。 以前のLiferayバージョンで作成されたすべてのパブリケーションについて、Revertオプションが削除されました。

コマースのアップグレードの準備

コマース を使用している場合は、Liferayデータベースをアップグレードする前にコマースをアップグレードする準備をしてください。 詳細については、 Liferay Commerceのアップグレード を参照してください。

マーケットプレイスアプリの更新

Liferayデータベースをアップグレードする前に、現在使用しているLiferayバージョンのマーケットプレイスアプリを更新し、更新されたアプリをテストします。 アプリの更新をスキップすると問題が発生し、アプリが新しいLiferayバージョンで有効にならない場合があります。

重要

データベースをアップグレードする前に、現在のインストールでこれを行ってください。

新しいLiferayバージョンに対応したアプリの最新バージョンでは、データのアップグレードが必要なデータベーススキーマの変更が行われている可能性があります。 Liferayデータベースのアップグレード またはアップグレード にアプリデータをアップグレードできます。

オプション1: データベースをアップグレードする に最新のアプリをインストールし、データベースのアップグレードの一環としてアプリのデータを自動的にアップグレードします。 各データベースのアップグレードパスには、アプリのセットアップの詳細が記述されます。

オプション2: データベースのアップグレード に最新のアプリをインストールし、Gogoシェルコマンドを使用してアプリデータをアップグレードします。 Post Upgrade Considerationsで、アプリのセットアップの詳細について説明しています。

カスタム開発のアップグレード

開発したプラグイン(テーマ、アプリ、カスタマイゼーションなど)は、新しいLiferayバージョンに適合させる必要があります。 これは、依存関係の更新と同じくらい簡単な場合もあれば、APIの変更に合わせたコードの更新が必要な場合もあります。 カスタムプラグインの更新をしないと、新しいLiferayバージョンで無効になる場合があります。 カスタム開発のアップグレード では、コードのアップグレードのプロセスを説明しています。

構成とインフラストラクチャの移行と更新

構成と対応するインフラストラクチャを、以前のインストールから新しいインストールに移行して更新する必要があります。

重要

6.2以前からアップグレードする場合は、ファイルストアの構成を更新します。 詳細については、Updating the File Store を参照してください。

重要

locales ポータルプロパティをオーバーライドした場合は、アップグレードする前に新しいインストールでそれをアップグレードしてください。 これにより、すべてのロケールのデータが確実にアップグレードされます。

データベースのアップグレードが完了してから、他の設定を更新します。 詳細は、構成とプロパティの移行を参照してください。

アップグレードパフォーマンスの向上

不要なデータをそのままにしておいたり、パフォーマンスチューニングをしていないと、大規模なデータセットのアップグレードに非常に長い時間がかかる場合があります。 データベースのアップグレードを迅速化する方法はいくつかあります。

データのプルーニング

Liferayサーバーに不要なインスタンス、サイト、ページ、またはバージョン管理されたコンテンツアイテム(Webコンテンツの記事、ドキュメント、メディアファイルなど)がある場合、それらを削除するとアップグレード時間が大幅に短縮されます。 不要なデータを削除する方法については、より高速なアップグレードのためのデータベースのプルーニングを参照してください。

データベースのパフォーマンスを調整する

アップグレード操作(本番環境よりもデータ書き込みが多い)用にデータベースを調整すると、データベースのアップグレードパフォーマンスが向上します。 詳細は、アップグレードのためのデータベース調整を参照してください。

データベースのアップグレードの実行

Liferayデータベースをアップグレードするには、2つの方法があります。

  • Dockerによるアップグレードでは、Dockerイメージを起動するためのコマンドに自動アップグレードパラメータを渡します。 イメージはデータベースを更新し、アップグレードされたデータベースを使用して起動します。

  • データベースアップグレードツールの使用 。 アップグレードツールは、Liferayインスタンスから切り離された状態でLiferayデータベースを更新するためのクライアントプログラムです。 これにより、アップグレードプロセスに重点が置かれ、アップグレード操作のためのデータベースの調整不要なデータのプルーニングが容易になり、データベースのアップグレードが迅速化されます。

注釈

データベースアップグレードオプションでは、さまざまなDXP/Portalインストールタイプでの上記の方法によるデータベースのアップグレード(およびGogo シェルによるモジュールのアップグレード)に関して説明しています。

まとめ

上記のタスクを完了すると、アップグレードが完了します。 ただし、Liferayを使用する前に、必要なランタイム設定を再確立し、アップグレード固有の調整を元に戻す必要があります。 さらに、新しいLiferay本番環境インスタンスに推奨される、以前のLiferayバージョンでは利用できなかったアプリケーションがある場合があります。 詳細は、アップグレード後の考慮事項を参照してください。

アップグレードコンポーネントについて理解したので、Liferayインスタンスをアップグレードできます。 データベースをアップグレードする前に、現在のインストールで準備作業を必ず行ってください。 カスタムプラグインコードのアップグレードとデータベースのアップグレードを並行して実行するのが一般的です。 データベースのアップグレードは最初に開始する一般的なタスクであるため、以下に2つの方法へのリンクを示します。

さらに、アップグレードに関連する以下のアップグレードシナリオを参照してください。