Documentation

データ削除

7.4以降で利用可能

現在のLiferay機能には、不要なデータが含まれている可能性があります。 データ削除ツールはこのデータを削除します。

廃止されたデータを削除する方法は次のとおりです。

  1. コントロールパネル で、 [システム設定] → [Upgrades]([プラットフォーム] カテゴリ内) → [Data Removal] に移動します。 [Data Removal]画面が表示されます。

    これが[Data Removal]画面です。

  2. 削除するデータのタイプを選択し、 [保存] をクリックします。

廃止されたデータが削除されます。

注:設定を 設定ファイルに保存するには、 Actions メニューをクリックし、 Export を選択します。

この com.liferay.data.cleanup.internal.configuration.DataRemovalConfiguration.config 設定ファイルをサーバー起動時に使用し、古いデータを削除します。 ファイル内の removeExpiredJournalArticles キーに true を設定します。 データ削除後、 osgi/configs フォルダから設定ファイルを削除し、以後のサーバー起動時にファイルが実行されないようにする。

追加情報