Documentation

シャード化された環境のアップグレード

Liferay DXP 7.0以降、Liferayはデータベースベンダーがネイティブに提供する機能を優先して、独自の物理パーティショニング実装(シャーディングとも呼ばれる)を削除しました。 シャード化されたインストールをDXP 7.0以降にアップグレードするには、シャードと同じ数のシャード化されていないLiferay DXPインストール(サーバー)に移行する必要があります。 これらの手順では、以前にシャード化されたデータを使用するように新しいLiferay DXPサーバーを構成する方法を説明します。

注釈

Liferayは、論理パーティション機能(仮想インスタンスとも呼ばれます)を引き続きサポートします。

データのアップグレードの前に構成を追加する

他の構成に加えて、データをアップグレードするためにシャードを仮想インスタンスに移行するには、より多くのプロパティを設定する必要があります。 他の構成の詳細は、Upgrade Tool Referenceを参照してください。

シャーディングから移行するようにアップグレードを構成する方法は次のとおりです。

  1. すべてのシャードJDBC接続プロパティをportal-ext.propertiesからportal-upgrade-database.propertiesにコピーします。 たとえば、デフォルトのシャードと2つのデフォルト以外のシャードのJDBC接続は次のようになります。

    jdbc.default.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.default.url=[the URL to the default database shard]
    jdbc.default.username=[the user name]
    jdbc.default.password=[the password]
    
    jdbc.one.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.one.url=[the URL to database shard one]
    jdbc.one.username=[the user name]
    jdbc.one.password=[the password]
    
    jdbc.two.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.two.url=[the URL to database shard two]
    jdbc.two.username=[the user name]
    jdbc.two.password=[the password]
    
  2. 各サーバーのportal-upgrade-database.propertiesでJDBCの デフォルトの 接続プロパティを設定して、関連するシャードを指定します。

    • デフォルト以外の各シャードデータベースに元のJDBCプロパティを追加します。 たとえば、シャード1の元のプロパティがjdbc.oneから始まっているとします。

    jdbc.one.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.one.url=[the URL to database shard one]
    jdbc.one.username=[the user name]
    jdbc.one.password=[the password]
    
    • プロパティの名前をjdbc.defaultで始まるように変更します。 たとえば、

    jdbc.default.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.default.url=[the URL to database shard one]
    jdbc.default.username=[the user name]
    jdbc.default.password=[the password]
    

プロパティのアップグレードと更新

データベースのアップグレードを実行するときは、デフォルトのシャードを最初にアップグレードしてから、デフォルト以外の各シャードをアップグレードします。 データベースアップグレードの実行の詳細については、データベースアップグレードツールの使用を参照してください。

データベースのアップグレードが完了したら、アプリケーションサーバーの構成を次のように変更します。

  1. 各サーバーのportal-ext.propertiesで、portal-upgrade-database.propertiesで指定したJDBCの デフォルトの プロパティを使用します(上記の デフォルトの プロパティを参照)。

  2. デフォルトのシャードデータベースのjdbc.defaultプロパティのみを残して、デフォルト以外のシャードJDBCのプロパティをデフォルトのシャードサーバーのportal-ext.propertiesファイルから削除します。 たとえば、

    古いJDBCプロパティ:

    jdbc.default.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.default.url=[the URL to the default database shard]
    jdbc.default.username=[the user name]
    jdbc.default.password=[the password]
    
    jdbc.one.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.one.url=[the URL to database shard one]
    jdbc.one.username=[the user name]
    jdbc.one.password=[the password]
    
    jdbc.two.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.two.url=[the URL to database shard two]
    jdbc.two.username=[the user name]
    jdbc.two.password=v[the password]
    

    新しいJDBCプロパティ:

    jdbc.default.driverClassName=[the database driver class name]
    jdbc.default.url=[the URL to your database]
    jdbc.default.username=[the user name]
    jdbc.default.password=[the password]
    

これらのすべての手順を完了すると、DXPのアップグレードとともに、シャード化された環境から別のLiferay DXPサーバー上の仮想インスタンスに移行されます。

アップグレードを完了するためのガイダンスについては、 アップグレードの基本 を参照してください。