Documentation

DXPのパッチコードへのアクセス

Liferay DXPフィックスパックとホットフィックスのソースコードは、liferay-dxpと呼ばれるプライベートGitHubリポジトリで入手できます。 ソースコードは、プロジェクトやカスタムコードに影響を与える可能性のある変更を特定し、理解するのに役立ちます。 フィックスパックとホットフィックスには、GitHubでアクセスできるタグがあります。

フィックスパックとホットフィックスのタグ。

注釈

フィックスパックは、それぞれのDXPバージョンブランチ(つまり、 7.0.x 7.1.xなど)でタグ付けされています。 ホットフィックスには、ブランチヘッドでタグ付けされた独自のブランチがあります。 ホットフィックスブランチヘッドとホットフィックスタグのコードは同じであるため、ブランチまたはタグを取得すると同じコードにアクセスします。

このコードでできることは次のとおりです。

  • 差分から変更されたファイルを調べる

  • 異なるパッチのコードを比較する

  • パッチの実装を表示する

  • コードをマシンにダウンロードまたは複製する

次の図は、2つのホットフィックス間のファイルの差分を示しています。

タグの比較。

注釈

Liferay DXP 7.0と7.1のパッチソースコードのタグ付きブランチは、次のフィックスパックのベースラインから入手できます。

  • Liferay DXP 7.1フィックスパック19

  • Liferay DXP 7.0フィックスパック96

Liferay DXPソースコードのカスタマイズはサポートされていないため、ビルドファイルはソースコードから除外されます。 Liferay DXPの拡張ポイントは、サポートされている唯一のカスタマイズ方法です。

  • 新しい拡張ポイントまたは新しい機能が必要な場合は、 JIRA で機能リクエストを送信してください。

  • Liferay DXPのカスタマイズや機能リクエストについてサポートが必要な場合は、アカウントエグゼクティブまたはカスタマーエクスペリエンスマネージャーにお問い合わせください。

注釈

以前のパッチツールのソースモードコマンド「diff」および「store」は、DXP 7.3以降では使用できません。 それらは置き換えられることなく削除されました。 以前のDXPバージョンでDXPソースコードにパッチを適用していて、DXP 7.3以降にアップグレードする場合は、新しいDXPソースコードを調べてそれに適応してください。

リポジトリアクセスのリクエスト

https://github.com/liferay/liferay-dxpのGitHubリポジトリにあるDXPソースコードは非公開であり、サブスクライバー専用です。 リポジトリへのアクセスをリクエストする方法は次のとおりです。

  1. ヘルプセンターで、 [Projects] ページに移動します。

  2. DXPプロジェクトを選択します。

  3. Source Code Access] タブを選択します。

  4. 「+」ボタンをクリックします。 ソースコードへのアクセスフォームが表示されます。

  5. 要求された情報を入力します。必ずその人の姓名を含めてください。

  6. 送信] をクリックします 。

注釈

他のプロジェクトチームメンバーに代わってアクセスリクエストを送信できます。

リクエストが承認されると、リポジトリアクセスの招待メールが届きます。 招待状を紛失した場合は、GitHub(https://github.com/liferay/liferay-dxp/invitations)からアクセスしてください。

注釈

リクエストは、受信した順にできるだけ早く処理されます。 リクエスト数が多い場合、すぐに処理できない場合があります。

リポジトリアクセスが承認されると、 読み取り レベルの権限が与えられます。 実行できるアクションは次のとおりです。

  • リポジトリからプル

  • リポジトリをフォークする

  • 公開されたリリースを表示する

アクセスは、Liferay DXPサブスクリプションの期間中維持されます。

警告

招待状は7日間有効であり、チームメンバーが[プロジェクトの詳細]ページに表示されなくなった場合でも受け入れることができます。 たとえば、誰かに属しているユーザーのGitHubユーザー名が間違って入力された場合、そのユーザーは一時的にリポジトリにアクセスできます。 これを防ぐために、システムはアクティブなLiferayプロジェクトに属していない新しいリポジトリコラボレーターを毎週チェックし、それらのアクセスを自動的に取り消します。

重要

GitHubのユーザー名を変更すると、リポジトリへのアクセスが無効になります。 ユーザー名を変更する場合は、ユーザーのアクセスを削除してから<#removing-access>`_、新しいGitHubユーザー名を使用してアクセスをリクエストしてください。

アクセスの削除

GitHubユーザーのリポジトリアクセスを削除する方法は次のとおりです。

  1. ヘルプセンター で、 [Projects]ページに移動します。

  2. 1 DXPプロジェクトを選択します。 1 [Source Code Access] タブを選択します。 1 ユーザーのGitHub情報を展開します。 1 [Delete] をクリックします。

ユーザーのリポジトリアクセスが削除されます。

プライバシー

承認されたすべてのサブスクライバーが同じリポジトリにアクセスしても、GitHubユーザーアカウントとリポジトリフォークはデフォルトで非公開のままです。 ただし、一部のアクションは他のリポジトリコラボレーターに表示されます。 次のアクションを回避し、代わりに推奨される代替チャネルを使用することで、プライバシーを維持できます。

回避する行動

代替チャネル

自分のコメントの編集と削除

(1)

問題のオープン

(1)

開いた問題のクローズ

(1)

クローズした問題の再オープン

(1)

問題の割り当て

(1)

フォークからプルリクエストを送信する

(2)

プルリクエストレビューの送信

(2)

wikiの編集

(3)

1)問題とコメントについて: ソースコードリポジトリで発生した問題をクローズし、未回答のままにします。 Liferayソフトウェアに問題がある場合は、ヘルプセンターで サポートチケットを作成 してLiferayサポートチームにお知らせください。

2)コード投稿について: パブリックLiferay Portalリポジトリ(https://github.com/liferay/liferay-portal)でコードを投稿できます。 承認された投稿は、次のLiferay DXPリリースに含まれます。 詳細については、 Contributing to Liferay Development (近日公開)をご覧ください。

3)Wikiについて: Liferay DXPの公式ドキュメンテーションはhttps://learn.liferay.comにあり、サポートナレッジベースは ヘルプセンター にあります。 liferay-dxpリポジトリのwikiは使用していません。 記事の変更を提案したり、トピックに関するドキュメントをリクエストする場合は、ヘルプセンターで サポートチケットを作成 してLiferayサポートチームにお知らせください。