Documentation

パッチタイプについて

サブスクライバー

Liferayサポートチームは、DXPで発見された問題に対する修正を作成およびリリースします。 フィックスは、一般に パッチ と呼ばれるZIPファイルにパッケージ化されています。 セキュリティの問題、顧客固有の問題、およびLiferayコミュニティによって報告された問題に対するパッチがあります。 ここでは、DXPサブスクライバーに提供されるパッチのタイプ、Liferay Portalユーザーへの フィックス配信 、および 各パッチタイプのテストのレベル について学習します。

DXPパッチタイプとPortalフィックス配信方法の概要を以下に示します。

パッチタイプ

目的

フィックスパック

最新の問題を解決します。

セキュリティ修正パック

最新のセキュリティ問題に直ちに対処します。

ホットフィックス

ビジネスクリティカルなDXP問題を迅速に修正するようにお客様から依頼されました。

サービスパック

最新のフィックスパックを組み込み、より多くのテストを必要とするより大きなフィックスを含めることができます。

ローリングリリース

最新のDXPサービスパックに基づいてフィックスをPortalに適用します。

フィックスパック

Liferay DXP 7.3 SP3以前のバージョン

フィックスパックは、サブスクライバー向けの最新フィックスのバンドルされたコレクションです。 DXPに付属するDXPコアおよびMarketplaceアプリケーションの問題に対処します。 フィックスパックは累積的です。各フィックスパックには、以前のフィックスパックおよび最新のセキュリティフィックスパックからのすべてのフィックスが含まれています。

フィックスパックは、ヘルプセンターの ダウンロード ページで入手でき、 パッチツールを使用してインストールされます。 各フィックスパックには、リリースノートと変更ログが付属しています。 リリースノートでは、重要な変更やセキュリティ修正などの重要な情報を強調しています。 変更ログは、各修正に関する詳細情報を提供します。

パッチツールは、フィックスパックに修正を自動的に適用します。 フィックスパックの新しい(修正済み)バージョンがリリースされている場合は、パッチツールを使用してインストールします。 パッチツールは、古いフィックスパックの上に新しいバージョンをインストールします。

重要

DXP 7.2では、パッチツールによって古いフィックスパックがアンインストールされ、新しいフィックスパックに置き換えられます。

セキュリティ修正パック

liferay DXP 7.3 SP3以前のバージョン

DXPセキュリティフィックスパック は、最新の重要なセキュリティ問題に対処します。 これらはヘルプセンターの ダウンロード ページで入手でき、 パッチツールを使用してインストールされます。

特定のフィックスパック(ベースフィックスパック)を対象としたセキュリティフィックスパックです。 Downloads ページの各セキュリティフィックスパックは、その対象となる基本フィックスパックを指定します。 それらのファイル名は、基本フィックスパックも示しています。

たとえば、ファイル名 liferay-security-dxp-1-201902-1-7210.zip は、次の特性を表しています。

  • liferay-security:セキュリティ フィックスパックのプレフィックス。

  • dxp-1:基本となるフィックスパック。

  • 2019:ビルドされた年。

  • 02:Liferayが使用するID。

  • 1:Liferayが使用するカウンター。

  • 7210:ビルド番号。 1つはDXP 7.2.10を表します。

注釈

セキュリティフィックスパックは、DXPインストールの通常のフィックスパックレベルを変更しません。

ホットフィックス

ホットフィックスは、7.4アップデートの合間、または7.3または7.2フィックスパックの合間に提供される、お客様からリクエストされた修正プログラムまたは修正プログラムの集合体です。 ホットフィックスは、DXPで確認された重要な問題に対応しています。 ヘルプセンターチケット からホットフィックスでリクエストできます。 Liferayサポートチームはお客様と協力して、問題が製品にあるかどうかを判断し、製品の意図しない動作に対する修正を提供します。

DXP 7.3 または 7.2では、ホットフィックスは特定のフィックスパックレベルに依存する場合があります。 最初にベースフィックスパックをインストールせずにインストールしようとすると、パッチツールは必要なフィックスパックレベルを報告します。 カスタマーポータル 移動し、ベースフィックスパックを入手します。 必要なすべてのパッチが パッチ フォルダーにダウンロードされると、パッチツールがそれらをインストールします。

重要

DXP 7.2で、すでにホットフィックスがインストールされていて、そのホットフィックスを含むフィックスパックがリリースされている場合、パッチツールはそれらの統合を管理します。 フィックスパックは常にホットフィックスに取って代わります。フィックスパックをインストールすると、そこに含まれるすべてのホットフィックスがアンインストールされ、フィックスパックのバージョンのフィックスが代わりにインストールされます。

サービスパック

liferay DXP 7.3 SP3以前のバージョン

サービスパックは、元のDXP GAメジャーリリースの上に構築されており、最新のフィックスパック、パッチングツール、およびバンドルされているMarketplaceアプリケーションが含まれています。 実装とテストに時間がかかる修正は、サービスパック用に予約できます。

サービスパックは、ヘルプセンターの ダウンロード ページで入手でき、 パッチングツールを使用してインストールされます。

すべて含まれているため、DXPの最新のサービスパックで新しいプロジェクトを開始するのが最善です。

既存のDXPインストールを維持している場合は、(独自のデプロイメントスケジュールに従って)最新のフィックスパックを使用して最新の状態に保つことをお勧めします。 このようにして、より少ない線量での変化を統合します。

ローリングリリース

ローリングリリースはDXPサービスパックに基づいており、通常、対応するサービスパックの数週間後に利用可能になります。 同じ修正が含まれていますが、EE専用機能の修正は含まれていません。 詳細については、 Dockerによるアップグレード を参照してください。

パッチテスト

次の表は、各パッチタイプに適用されるテストを示しています。

パッチタイプ

テスト

ホットフィックス

フィックスパック(下記参照)に似た自動回帰テストと、報告された問題を修正するサポートエンジニアがテストします。

フィックスパック

自動回帰テストと手動テスト。

サービスパック

Liferayは、パッケージ化されたサービスパックでテストスイートを実行します。

ローリングリリース

対応するDXPサービスパックと同じテストに加えて、以前のGAからのアップグレードテスト。

パッチについていく

Liferayのヘルプセンター(help.liferay.com) は、パッチ情報などの宛先です。

  • お知らせセクション:フィックスパック、セキュリティ警告、製品リリース、システムアップデートに関する最新ニュースへのリンク。

[**購読] ボタン:Liferay DXPリリース、パッチ、およびシステム改善の電子メールにサインアップします。

  • ダウンロードページ :へのアクセスを提供

    • 最新のリリース

    • フィックスパック

    • サービスパックのアーカイブ

    • セキュリティ修正パック

    • パッチングツール

    • その他

  • セキュリティページ :セキュリティ関連の概要、アドバイザリー、セキュリティアップデート (7.3 SP3+) およびセキュリティフィックスパック (7.3 SP3 より前のバージョン) へのリンクです。

ヘルプセンターは、アカウントサポート、サポートに関するよくある質問などの出発点でもあります。 Liferayがお手伝いします。

まとめ

Liferayがフィックスを提供するために提供するパッチの種類がわかったので、関連するパッチを最新の状態に保ち、それらを インストール できます。