Documentation

Web コンテンツストラクチャーを理解する

Web コンテンツストラクチャーは、Webコンテンツ記事の構成要素です。 これらは、Webコンテンツを作成するときに含めることができる情報を決定します。 ストラクチャーには、次の重要な利点があります。

  • Webコンテンツの管理者の管理性を向上させる

  • Webコンテンツの記事に適切な情報が含まれていることを保証する

  • ユーザーがコンテンツを簡単に作成できるようにする

これらの利点を理解するために、オンラインニュースマガジンの例を考えてみましょう。 各記事には、同じタイプの情報(タイトル、サブタイトル、作成者、および記事の本文を構成する1ページ以上のテキストと画像)が含まれている必要があります。 基本的なコンテンツの作成だけで、各作成者はさまざまな種類の情報を含む記事を送信できます。 例えば、サブタイトルを入れる作成者もいれば、入れない作成者もいます。 そのため、雑誌の編集者が時間をかけて記事の内容を確認し、正しい情報が含まれているかどうかを確認する必要があります。 この問題を解決するために、編集者は各記事に必要な情報を定義するストラクチャーを提供できるため、ライターは記事全体に必要な要素を正確に把握できます。

ストラクチャーは、Webコンテンツ制作者向けの標準化されたフィールドを定義します。

ストラクチャーを使用するときは、コンテンツのフォーマットを適用するため、ライターは記事全体に必要な要素を正確に把握できます。 この状況では、雑誌の編集者は、テンプレートを使用して自動的にフォーマットできるフォームを提供します。

ストラクチャーを使用することで、雑誌の編集者はすべての記事を特定の形式に更新するために時間を費やす必要がなくなり、ライターはコンテンツのフォーマットにかかる時間を節約できます。

テキストフィールド、テキストボックス、チェックボックス、選択ボックス、または複数選択リストなどの要素を追加して、ストラクチャーを作成します。 また、画像アップローダ、ドキュメントコントロール、メディアコントロールなど、特殊なアプリケーションフィールドをストラクチャーに追加することもできます。 要素をストラクチャーにドラッグアンドドロップし、ビジネスニーズに合った要素と順序を選択できます。 さらに、要素を繰り返し可能なブロックにグループ化できます。 表示ページの制作者は、これらのフィールドを編集可能なページフラグメントにマップして、カスタムスタイルとフォーマットを使用できます。