Documentation

ストラクチャー項目の設定

ストラクチャー項目とそのプロパティを編集できます。

  1. プロダクトメニューを開き、サイトメニューの見出し → [Content & Data] → [Webコンテンツ] に移動します。

  2. [ストラクチャー] タブを選択します。

  3. 変更するストラクチャーの名前をクリックします。

    ちなみに

    ストラクチャーの横にあるアクションメニューを開いて、[編集する]を選択することもできます。

  4. ストラクチャー内のフィールドを追加、 削除 、または再編成します。

  5. 設定するフィールドを選択して [Settings] タブをクリックするか、フィールドにカーソルを合わせて、表示されるコンテキストメニューの 設定Settings icon)アイコンをクリックします。 コンテキストメニューで 他のアクション を実行することもできます。

  6. フィールドに 必要な設定を構成 し、変更を 保存 します。

ちなみに

ストラクチャーを作成または編集する場合、, Viewタブがデフォルトで表示されます。 ソースタブに切り替えて、ストラクチャーの生のXMLを表示し、直接変更することができます。

構成可能な設定

注釈

フィールド設定は、フィールドのタイプによって異なります。 以下の設定は、フィールドに適用されない場合があります。

Type: 定義に配置されるフィールドのタイプ。 これは編集できませんが、Webコンテンツテンプレートから参照できます。

項目ラベル: フィールドの上に表示するテキスト。

**ラベルを表示:**項目ラベル を表示するかどうか。デフォルト値は Yes です。

Required: フィールドを必須としてマークするかどうか。 フィールドが必須の場合、ユーザーはストラクチャーを使用してコンテンツを送信するためにフィールドの値を入力する必要があります。 デフォルト値は No です。

名前: このフィールドのWebコンテンツテンプレートで使用される変数名。 わかりやすい名前を入力する必要があります。 デフォルト名が自動的に生成されます。

ちなみに

Liferay DXPは、ストラクチャー内の新しいフィールドごとにランダムな名前を割り当てます。 デフォルト値をよりわかりやすいものに置き換えて、テンプレート開発者がフィールドを識別して、そのデータをWebコンテンツテンプレートまたは表示ページに配置できるようにしてください。

初期値: フィールドのデフォルトのプレースホルダー値。 または、 [デフォルト値の編集] オプションを使用して初期値を定義することもできます。 詳細は、 ストラクチャーの管理 を参照してください。

チップ: ユーザーがヘルプアイコンにカーソルを合わせたときにフィールドに表示されるヘルプテキスト。

インデックス可能: 検索用にフィールドにインデックスを付けるかどうか。 デフォルト値は Yes です。

ローカライズ可能: フィールドをユーザーの言語でローカライズできるかどうか。 デフォルト値は Yes です。

繰り返し可能: ユーザーがWebコンテンツの作成中にフィールドを複製できるかどうか。 たとえば、繰り返し可能な作成者フィールドを設定して、ユーザーがフィールドを複製して記事の2番目の作成者を入力できるようにすることができます。 デフォルト値は No です。 Yes に設定すると、ユーザーはフィールド上の[+]アイコンをクリックして、Webコンテンツの作成中にフィールドを複製できます。

複数: 選択フィールドに複数の選択オプションを含めることができるかどうか。 デフォルト値は No です。

**オプション:**選択 フィールドまたは ラジオ フィールドで使用可能なオプション。 オプションを追加および削除したり、個々のオプションの表示名(Webコンテンツの作成時にユーザーに表示される名前)と値(Webコンテンツテンプレートで取得できるオプションに保存されている値)のペアを編集したりできます。

スタイル:[セパレーター] フィールドのオプションのCSSスタイル。

ストラクチャー項目オプション

ストラクチャー項目にカーソルを合わせると、次のオプションがコンテキストメニューに表示されます。

  • 設定Settings): フィールドの名前、ラベル、およびその他の情報(必須かどうかなど)を変更します。

  • 削除Delete): ストラクチャーからフィールドを削除します。

  • 複製Duplicate): フィールドとそのすべての設定を複製し、 名前 を繰り返して競合を回避します。