Documentation

ファイルのアップロード

ドキュメントとメディア アプリケーションは、ユーザーがDXPインスタンス内でファイルをネイティブに保存できる場所です。 特定のファイル形式が許可されていない場合を除き、ユーザーはドキュメント、画像、動画など、ほとんどのタイプのファイルをアップロードできます。

適切な権限を持つユーザーは、単一のファイルまたは複数のファイルを同時にアップロードできます。 詳細については、 ドキュメントとメディアの権限リファレンス を参照してください。 DXPのロールと権限の詳細については、 Roles and Permissions をご覧ください 。

単一ファイルのアップロード

ファイルをアップロードする最も簡単な方法は、サイトページにデプロイされた [Documents and Media] ウィジェットを使用することです。 ルートフォルダまたは特定のフォルダ内にファイルをアップロードできます。

  1. [Documents and Media] ウィジェットがデプロイされているサイトページに移動します。

サイトメニューの[Content & Data]の下にある[ドキュメントとメディア]をクリックします。

  1. ウィジェットのタイトルメニューの上にマウスを置き、 追加 アイコン(Add)をクリックして [File Upload] を選択します。

  2. [Browse...] ボタンをクリックして、ファイルがローカルにある場所に移動します。

  3. ファイルを選択して [Open] をクリックします。

  4. デフォルトでは、 [Title] フィールドにはファイル名が自動的に入力されます。 ユーザーはファイルをサイトに公開する前にいつでも名前を変更できます。

ただし、アップロードする前にファイルの詳細を定義する場合は、次の手順に従ってください。

  1. 追加 ボタン(Add Button)をクリックし、 [ファイルアップロード] または [複数ファイルのアップロード] を選択します。

  2. 完了したら、 [Publish] をクリックします。

  3. 指定されたドロップゾーンにファイルをドラッグアンドドロップするか、ファイルセレクターを使用してファイルを参照します。

複数のファイルのアップロード

アップロードするファイルを1つ選択します。

複数ファイルのアップロード] を選択した場合、アップロード画面は次のように表示されます。

  1. ウィジェットのタイトルメニューの上にマウスを置き、 追加 アイコン(Add)をクリックして [Multiple Files Upload] を選択します。

  2. アップロードする前にファイルの詳細を構成します。 詳細については、 Configuring File Upload Reference を参照してください。

  3. 完了したら、 [公開] をクリックして、アップロード処理を開始します。

  1. [Publish] をクリックします。

フィールド

単一ファイルのアップロードの場合

複数ファイルのアップロードの場合

説明

File/Files

アップロードするファイルを選択します。 デフォルトでは、個々のファイルのアップロードは100MBを超えることはできません。

Title

アップロード後のファイルに使用する表示タイトルを設定します。 デフォルトでは、このフィールドには選択したファイルの元の名前が入力されていますが、アップロード中またはアップロード後に変更できます。

ファイル名

アップロードしたファイルに新しい名前を設定します。 デフォルトでは、このフィールドには選択したファイルの元の名前が入力されていますが、アップロード中またはアップロード後に変更できます。

説明

アップロードしたファイルのファイル説明を追加します。

表示ページ

アップロードされたファイルに対してディスプレイページテンプレートを選択します。

カテゴリの設定

アップロードされたファイルにタグとパブリックカテゴリーまたは内部カテゴリーを適用します。

Expiration Date

ファイルの有効期限が切れるか、またはレビューする必要があるかを判断します。 デフォルトでは、ファイルは期限を設定しないか、レビューが必要になるように設定されています。 有効にすると、ファイルの有効期限が切れる、またはレビューする必要がある日付になります。 詳細については、 ファイルの有効期限とレビュー日時の使用 を参照してください。

Related Assets

サイトまたは接続されたアセットライブラリから関連アセットまたはファイルを選択します。

権限設定

アップロードされたファイルの権限を設定します。 これらの設定により、ファイルを表示し、ファイルに関連する他のアクション(更新、削除など)を実行できるユーザーロールが決まります。