Documentation

オブジェクトの項目種類について

Liferay DXP 7.4 U24以降で利用可能

オブジェクトの項目は、オブジェクトの特定の種類のデータを格納するデータベース列を指します。 項目は、カスタムオブジェクトとシステムオブジェクトの両方に追加することができ、1種類のデータのみを格納することができます。

Liferayは各項目の種類にわかりやすい名前を付与します。これは、バックエンドの特定のデータ型に対応します。 項目を含むHeadless APIコールを行う場合、バックエンドのデータ型名を使用する必要があります。

項目タイプ(UI)

データ型(HEADLESS)

説明

添付ファイル

リレーション> Long

100MB以下のjpegjpgpdfpngファイルを格納

ブール値

ブール値

真偽値を格納

日付

日付

日付の値を格納

小数(以前はDouble)

二重線

小数部分をサポートする小数値を格納

整数

整数

9桁までの整数を格納する

長い整数 (以前はLong)

Long

19桁までの大きな整数を格納

長いテキスト(以前はClob)

Clob

最大65,000文字をサポートするテキストボックスの値を格納。この項目タイプを設定する際に、許容される文字数を制限することができます。

選択リスト

文字列

選択リストのString値を格納

小数の精度 (以前はBigDecimal)

BigDecimal

高精度な小数を丸めずに格納

リレーション

Long

関連するすべてのオブジェクト項目の数値IDを格納

リッチテキスト

Clob

高度な書式設定ツールやメディア要素(画像、動画、音声など)でテキストを格納

Text (以前はString)

文字列

最大280文字までの簡単なテキストの値を格納。この項目タイプを設定する際に、許容される文字数を制限することができます。

添付ファイル

添付ファイルフィールドは、インスタンスのドキュメントライブラリにファイルをアップロードするためのフィールドです。 アップロードされると、そのファイルはエントリーのフィールドにリンクされます。 各フィールドを1度に1つのファイルにリンクできます。 オペレーティングシステムのファイルセレクターとドキュメントとメディアの項目セレクターのどちらでファイルをアップロードするかを設定できます。 ファイルは、オブジェクト定義(CompanyやSiteなど)からその範囲を継承します。 添付後は、オブジェクトエントリーを表示して、ファイルをダウンロードしたり、項目から削除したりすることができます。

オブジェクトのエントリにファイルを添付します。

重要

アセットがオブジェクトのエントリーから削除されても、ドキュメントライブラリからは削除されません。

項目の作成時に、リクエストファイルの設定によって、ユーザーがオブジェクトエントリーにファイルを追加する方法が決定されます。

*ユーザーのコンピュータから直接アップロード :ユーザーは、オペレーティングシステムのファイルセレクタを使用して、エントリにファイルをアップロードすることができます。 デフォルトでは、このメソッドは、添付ファイル項目用に自動生成されたプライベートフォルダにファイルを保存します。 このフォルダはLiferay UIには表示されません。 ただし、 [Show Files in Documents and Media] を有効にすると、アップロードしたファイルはドキュメントとメディアのフォルダーに保存されます。 デフォルトでは、このフォルダはオブジェクト定義の名前を使用しますが、項目を設定する際に変更することができます。

*ドキュメントとメディアのアイテムセレクターからアップロードまたは選択してください :ドキュメントとメディアにある既存のファイルから選択するか、アイテムセレクターを使用してファイルをアップロードすることができます。 アップロードされたファイルは、ドキュメントとメディアのルートフォルダに保存され、他のファイルと同様に管理することができます。

[Request Files]項目は、ユーザーがオブジェクトエントリーにファイルを追加する方法を決定します。

注釈

必要であれば、次の[ポータルプロパティ](../../installation-and-upgrades/reference/portal-properties.md)をdl.show.hidden.mount.folders=trueサーバーに追加して、ドキュメントとメディアの非表示になっている添付ファイル項目フォルダを表示することが可能です。.

添付ファイル項目を作成した後、以下の方法で設定することができます。 ストレージフォルダ (*[ドキュメントとメディアでファイルを表示]用)