Documentation

選択リストの使用

Liferay DXP/Portal 7.4以降で利用可能

選択リストは、Liferay Portal全体で理解される値の標準リストを作成するためのアプリケーションです。 選択リストを作成するプロセスには、初期リストの作成とリストへのアイテムの追加が含まれます。 これらの値を定義すると、サポートされているアプリケーションで使用できるようになります。

選択リストの作成

以下の手順に従って、選択リストを作成します。

  1. グローバルメニューGlobal Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブに移動し、 [選択リスト] をクリックします。

  2. 追加 ボタン(Add Button)をクリックします。

    追加ボタンをクリックして、新しい選択リストを作成します。

  3. 選択リストに [Name] を入力し、 [Save] をクリックします。 この値は、Liferay UIでリストを識別し、作成後にローカライズできます。

  4. 新しい[選択リスト] をクリックして編集します。

  5. [Items]の下にある、 [追加] ボタン(Add Button)をクリックします。

    追加ボタンをクリックして、新しいアイテムを選択リストに追加します。

  6. モーダルウィンドウで、アイテムの [Name] と [Key] を入力します。

    Name :アイテムの表示名を決定するもので、作成後にローカライズできます。

    Key :バックエンドのアプリケーションが理解できる標準値を決定するもので、キャメルケースを使用します。

    注釈

    作成したアイテムのキーは変更できませんが、名前の編集や削除はいつでもできます。

    名前とキーを入力し、[保存]をクリックします。

  7. Save] をクリックします。 これにより、新しいアイテムで選択リストがすぐに更新されます。

  8. 上記の手順を繰り返して、リストにアイテムを追加します。

    選択リストに複数のアイテムを追加します。

オブジェクトへの選択リストフィールドの追加

リストが作成されると、オブジェクトフィールドを作成する際に選択することができます。 選択リスト フィールドタイプを選択し、必要なリストを選択します。 詳細については、 オブジェクトへのフィールドの追加 を参照してください。

ユーザーは、新しいオブジェクトフィールドを作成するときに選択リストを選択できます。

ユーザーがオブジェクトのレイアウトでこのフィールドにアクセスすると、選択リストのアイテムを一覧表示するドロップダウンメニューとして表示されます。

選択リストは、オブジェクトのレイアウトにドロップダウンメニューとして表示されます。

重要

リストはオブジェクトフィールドで使用されている場合は削除できませんが、リストのアイテムはいつでも編集および削除できます。

選択リストのアイテムを更新または削除すると、アイテム値を使用してすべてのオブジェクトエントリーが自動的に更新されます。

選択リストAPI

Liferayは選択リストを作成・管理するためのヘッドレスAPIを提供します。 headless-admin-list-typelocalhost:8080/o/apiにあるLiferayのAPIエクスプローラーで利用可能な選択リストAPIを確認できます。

headless-admin-list-typeで選択リストAPIにアクセスします。

これらを用いて、選択リストの定義(ListTypeDefinition)と選択リストエントリー(ListTypeEntry)の両方に対してCRUD操作を実行することが可能です。

オブジェクトAPI呼び出しの選択リストフィールド

7.4+ U1+/GA5+ 用

Picklist フィールドを含む Object に対して POST、PATCH、および PUT API 呼び出しを行う場合、以下の形式を使用する必要があります。

{ 
      "picklistExample": {
        "key": "secondOption",
        "name": "Second Option"
      }
}

追加情報