Documentation

Documentation Menu
Go Back

ビューにフィルタを追加する

利用可能な Liferay 7.4 U27+/GA27+

カスタムビューを設計する際、どのフィールドがフィルターファセットとして表示されるかを決定することができます。 また、ユーザーがオブジェクトのアプリケーションページにアクセスするたびに、ビューテーブルに自動的に適用されるデフォルトのフィルタを設定することができます。

次の手順を実行します:

  1. 目的のビューの編集を開始し、 [Filters] タブに進みます。

  2. 追加Add Button) をクリックします。

  3. フィールド を選択して、フィルタリングします。

    ワークフローの状態、作成日、変更日、またはピックリストフィールドをフィルターとして選択することができます。

  4. フィルターの種類を選択します。 Include or Exclude . これは、デフォルトのフィルターが以下の値を持つエントリーを含むか、または除外するかを決定します。

  5. (オプション) デフォルトのフィルターとして使用するフィールド値を入力します。

    フィールド、フィルタタイプ、デフォルト値を選択します。

  6. Save] をクリックします。

  7. 上記のプロセスを繰り返し、ビューにフィールドフィルターを追加します。

    ビューに複数のフィールドフィルターを追加します。

  8. Save] をクリックします。

一度保存されると、ユーザーは追加されたフィールドを使用してオブジェクトのエントリをフィルタリングすることができ、デフォルトのフィルタリングが自動的に適用されます。

ユーザーは、追加されたフィールドを使用してエントリーをフィルタリングすることができます。

追加情報