Documentation

Documentation Menu
Go Back

オブジェクト構造のエクスポートとインポート

Liferay 7.4 U5以降と7.4 GA9以降で利用可能

Liferay Objectsでは、オブジェクト構造を .json ファイルとしてインポート、エクスポートすることができます。 これにより、アプリケーション開発時の柔軟性が高まり、ユーザーはLiferay環境間でオブジェクト定義を簡単に移行することができます。

重要

Liferay DXP 7.4 U5およびPortal 7.4 GA9では、オブジェクトはリレーションシップのインポートまたはエクスポートをサポートしていません。 その他のオブジェクトの構成や構造要素はすべてサポートされています(例:スコープ、フィールド、レイアウト)。

構造のエクスポート

次の手順に従って、オブジェクト構造をエクスポートします。

  1. グローバルメニュー](Global Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブに移動して、 [Objects] をクリックします。

  2. 目的のオブジェクトの アクション ボタン(Action Button)をクリックし、 [Export as JSON] を選択します。

    目的のオブジェクトのアクションボタンをクリックし、[Export as JSON]を選択します。

  3. ダイアログウィンドウの [保存] をクリックすると、オブジェクトの定義をJSONファイルとしてダウンロードを開始します。

このファイルには、オブジェクトのフィールド、レイアウト、アクション、および一般的な設定の詳細(ラベル、スコープなど)が含まれます。 エクスポートされたオブジェクトにリレーションシップがある場合、それらはJSONファイルに含まれません。

エクスポートされたオブジェクト定義は、互換性のあるLiferay環境にインポートすることができます。

構造のインポート

次の手順に従って、オブジェクト構造をインポートします。

  1. グローバルメニュー](Global Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブをクリックして、 [Objects] に進みます。

  2. アプリケーションバーの アクション ボタン(Actions Button)をクリックし、 [Import Object] を選択します。

    アプリケーションバーのアクションボタンをクリックして、[Import Object]を選択します。

  3. 新しいオブジェクトに 名前 を入力し、インポートしたい [JSON file] を選択します。

    重要

    オブジェクト名はユニークで、パスカルケースを使用する必要があります。

    名前を入力し、目的のJSONファイルを選択します。

  4. Import] をクリックします。

オブジェクト構造のインポートはバックグラウンドで実行され、数分程度かかる場合があります。

追加情報