Documentation

Documentation Menu
Go Back

オブジェクトアクションの定義

Liferay 7.4 U33以降およびGA33以降で利用可能

Liferay Objectでは、特定の条件でトリガーされるアクションを定義することができます。 アクションが有効になると、Liferayはオブジェクトのデータが追加、削除、または更新された時にリッスンし、設定されたアクションを実行します。

現在、Liferayは4つのアクションの種類をサポートしています。

次の手順に従って、オブジェクトにアクションを定義します。

  1. グローバルメニューGlobal Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブをクリックして、 [オブジェクト] に進みます。

  2. 既存のオブジェクトを選択するか、 新しいオブジェクトを作成します。

    注釈

    Liferay DXP 7.4 U22からは、システムオブジェクトにアクションを追加することができます。

  3. オブジェクトを表示した状態で、 [Actions] タブを選択し、 追加 ボタン(Add Button)をクリックします。

  4. [Basic Info]タブで、アクションの 名前説明 を入力します。

    [基本情報]タブにアクション名と説明を入力します。

  5. Action Builder] タブを開き、カスタムトリガー、条件、アクションを定義します。

    [Action Builder]タブを開き、カスタムトリガー、条件、アクションを定義します。

  6. [Trigger]は、アクションが実行される タイミング を決定します。

    トリガー

    説明

    On After Add

    オブジェクトエントリが追加されたとき

    On After Delete

    オブジェクトエントリが削除されたとき

    On After Update

    オブジェクトエントリが更新されたとき

    アクションが実行されるタイミングを決定します。

  7. (オプション) トリガーを選択した後、式を使用してトリガーの追加条件を設定することができます。 コード ボタン ( Code )をクリックすると、利用可能な式が表示されます。

    トリガーの追加条件を設定するには、式を使用します。

    Liferay 7.4 U33+とGA33+では、 [完了] をクリックすると、Liferayは式が有効な構文であるかどうかをチェックします。 式が無効な場合、Liferayはエラーメッセージを表示します。

  8. アクションでは、実行されたアクションのタイプを選択し、すべての追加フィールドを入力します。 詳細は、 Understanding Action Types を参照してください。

  9. 保存] をクリックします。

作成されると、アクションは有効になり、構成に応じてトリガーされます。

必要であれば、そのアクションの [Basic Info] タブを開き、 [Active] スイッチを切り替え、 [Save] をクリックして、アクションを無効にすることができます。

Activeスイッチを切り替えて、アクションを無効にします。

アクションの種類について

Webhookアクション

Liferay 7.4以降で利用可能

Webhookアクション では、データペイロードを設定されたURLに配信します。 このアクションの種類を選択した場合、ターゲットURLを入力する必要があります。 該当する場合は、シークレットの入力も可能です。

WebhookのURLとシークレットを入力します。

Groovyスクリプトアクション

Liferay 7.4 U27以降とGA27以降で利用可能

Groovy Script] アクションは、カスタムのGroovyスクリプトを実行します。 このアクションの種類を選択した場合、提供されるコードウィンドウにスクリプトを入力します。 Liferay 7.4 U33+とGA33+では、Liferayは GroovyShellクラス を使って、 [保存] をクリックしたときにGroovy スクリプトの構文が有効であるかどうかをチェックします。 スクリプトが無効な場合、Liferayはエラーメッセージを表示します。

Groovyスクリプトを入力します。

通知アクション

Liferay 7.4 U32以降およびGA32以降で利用可能

Notification] アクションを使用して、オブジェクトイベントのメール通知設定を自動化します。 このアクションの種類を使用するには、インスタンスに構成されたメールサーバーと、少なくとも 1 つの通知テンプレートが必要です。

このアクションの種類を選択する場合、通知テンプレートを選択する必要があります。 このテンプレートは、各メールの送信者、受信者、コンテンツを決定します。

通知テンプレートの選択

オブジェクトエントリアクションの追加

Liferay 7.4 U33以降およびGA33以降で利用可能

Add an Object Entry] アクションでは、指定されたオブジェクトにエントリを作成します。 このアクションの種類を選択する場合、有効なオブジェクトを選択する必要があります。 オブジェクトに必須項目が含まれている場合、新しいエントリに規定値を設定する必要があります。 これらの値は、直接入力することも、エクスプレッションビルダーを使用して動的に設定することもできます。 必要に応じて、必須項目以外の値を設定することもできます。

有効なオブジェクトを選択し、作成されたエントリに初期値を入力します。