Documentation

Documentation Menu
Go Back

オブジェクト定義イベントの監査

Liferay 7.4 U24以降とGA24以降で利用可能

ObjectsアプリケーションはLiferayの監査フレームワークと統合されているので、オブジェクト定義に関連するイベントを追跡できます。 監査アプリケーションは、これらのイベントを表に一覧表示し、ユーザーとリソース両方の情報を含みます。

監査アプリケーションにアクセスするには、 [グローバルメニュー](Global Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブに移動して、 [監査] をクリックします。

[コントロールパネル]の[監査]をクリックすると、オブジェクト定義に関連するイベントが表示されます。

この表には、以下の列が含まれます。

説明

ユーザーID

代理ユーザーのID

ユーザー名

代理ユーザーのID

リソースID

影響を受けるリソースのID

リソース名

影響を受けるリソースの名前

リソースアクション

実行済みのアクション (追加, アップデート、または 削除

クライアントIP

アクションの役割を担うIPアドレス

作成日時

イベントレコードが作成された日時

イベントフィールドをクリックすると、特定のアクションの詳細など、より詳細なレコードを表示できます。

イベントフィールドをクリックすると、詳細が表示されます。

必要に応じて、キーワードやその他のファセットを使用して結果を検索し、フィルタリングできます。