Documentation

Documentation Menu
Go Back

オブジェクトの作成と管理

Liferay DXP/Portal 7.4以降で利用可能

Liferay Objectでは、コードを記述することなくビジネスニーズを満たすカスタムアプリケーションを作成するための便利なUIを提供します。 また、オブジェクトを使用して、システムオブジェクトとカスタムオブジェクトの両方を管理および拡張することができます。 これには、 フィールド, リレーション, アクション, レイアウト, ビュー, バリデーション, カスタムステートを追加することが含まれます。 オブジェクト定義に関連するこれらの操作やその他の操作を実行するために必要な権限については、 Objects Application Permissions を参照してください。

注釈

システムオブジェクトはオブジェクトフレームワークと統合されたデフォルトのLiferayアプリケーションであり、カスタムオブジェクトはユーザーが作成し公開する定義です。

オブジェクトの作成
システムオブジェクトの拡張
Fields
関係
アクション
レイアウト
ビュー
検証
システムオブジェクトとカスタムオブジェクトの使用
オブジェクトのアクティブ化と非アクティブ化
オブジェクト定義のエクスポートとインポート
監査オブジェクト定義イベント
オブジェクトの削除