Documentation

Documentation Menu
Go Back

Liferay Util Includeの使用

includeタグを使用すると、ポートレットのJSP、テーマ、またはWebコンテンツに他のJSPファイルを含めることができます。 これにより、読みやすさが向上するだけでなく、JSPファイルに対する懸念事項を分離できます。

page属性は必須であり、含めるJSPまたはJSPFへのパスを指定します。 servletContextは、含まれているJSPが使用する必要のあるリクエストコンテキストを参照します。 <%= application %>をこの属性に渡すことで、含まれているJSPは、以前のJSPで設定されていた可能性がある他のオブジェクトと同じrequestオブジェクトを使用できます。

以下は、<liferay-util:include>タグの構成例です。

<liferay-util:include 
  page="/relative/path/to/file.jsp" 
  servletContext="<%= application %>"
/>

これで、<liferay-util:include> タグを使用して、ポートレット、テーマ、およびWebコンテンツに他のJSPを含める方法がわかりました。

関連トピック