Documentation

Documentation Menu
Go Back

Liferay Util HTML Bottomの使用

HTML bottomタグは自己終了タグではありません。 このタグの開始と終了の間に配置されたコンテンツは、<html>タグの下部に移動されます。 このtaglibを使用して渡されたコンテンツがあると、 bottom.jsp がマークアップに渡され、このJSPで出力されます。

このタグにはオプションのoutputKey属性もあります。 ページ上の複数のポートレットにこのタグを持つ同じリソースが含まれている場合は、各タグに同じoutputKey値を指定して、リソースが一度だけロードされるようにすることができます。

以下の構成例では、<liferay-util:html-bottom>タグを使用して、ポートレットのバンドルによって提供されるJavaScript(一般的なユースケース)を含めています。

<liferay-util:html-bottom outputKey="htmlbottom">

    <script src="/o/my-liferay-util-portlet/js/my_custom_javascript.js" 
    type="text/javascript"></script>

</liferay-util:html-bottom>

これで、<liferay-util:html-bottom>タグを使用してページのHTMLタグの下部に追加のリソースを含める方法がわかりました。

関連トピック