Documentation

Documentation Menu
Go Back

Liferay Util Get URLの使用

get URLタグは、url属性によって提供されるURLを取得します。 var属性に値が指定されている場合、画面スクレイプのコンテンツはその変数にスコープされます。 それ以外の場合は、taglibが使用されている場所に取得されたコンテンツが表示されます。

<liferay-util:get-url>タグの基本構成を以下に示します。

<liferay-util:get-url url="https://www.liferay.com/" />

var属性を使用する例を次に示します。

<liferay-util:get-url url="https://www.liferay.com/" var="Liferay" />

<div>
                <h2>We borrowed <a href="https://www.liferay.com/">Liferay</a>. Here it is.</h2>

                <div class="Liferay">
                                <%= Liferay %>
                </div>
</div>

Liferay Util Get URLタグを使用して、URLを取得できます。

これで、<liferay-util:get-url>タグを使用してURLを取得する方法がわかりました。

関連トピック