Documentation

Documentation Menu
Go Back

JSP用のLiferayテーマオブジェクト

<liferay-theme:defineObjects>タグをJSPに含めると、変数を通していくつかのLiferayテーマオブジェクトにアクセスすることができます。 これらのオブジェクトは、以下の表で説明されています。

オブジェクト

Description

アカウント

ユーザーのアカウントオブジェクト。 このオブジェクトは、Liferayデータベースのアカウントテーブルにマッピングされます。

colorScheme

ポータルによって描画されているテーマの現在の配色を表すオブジェクトです。

会社

現在の会社オブジェクト。 ユーザーが現在移動しているポータルインスタンスを表します。

連絡

ユーザーの連絡オブジェクト。 このオブジェクトは、Liferayデータベースの連絡先テーブルにマッピングされます。

レイアウト

ユーザーが現在移動しているページです。

layoutTypePortlet

このオブジェクトは、プログラムによってページからポートレットを追加または削除するために使用することができます。

ロケール

Javaで定義された、現在のユーザーのロケールです。

permissionChecker

特定のリソースが与えられた、現在のユーザーがそのリソースに対する特定の権限を持っているかどうかを判断することができるオブジェクトです。

plid

ポータルレイアウトのID。 ポータル内に存在する、すべてのポータルインスタンスにまたがるページに対する一意の識別情報です。

portletDisplay

ポートレット名、ポートレットモード、ポートレットが存在するレイアウト上の列のIDなど、現在のポートレットの多くの属性にプログラマがアクセスするためのオブジェクトです。

realUser

管理者がユーザーになりすます場合、この変数は管理者のユーザーオブジェクトを追跡します。

scopeGroupId

デフォルトでは、このポートレットが存在するコミュニティまたは組織のgroupIdが含まれています。 scopeable属性がtrueに設定されている場合、ポートレットがカスタムスコープを使用するように設定されていれば、ページスコープのようなカスタムスコープ用の一意のスコープ識別子を含むことができます。

テーマ

ポータルによって描画されている現在のテーマを表すオブジェクトです。

themeDisplay

ログインユーザー、レイアウト、ロゴ情報、パスなど、多くの便利な項目を含むランタイムオブジェクトです。

timeZone

Javaで定義された、現在のユーザーのタイムゾーン

ユーザー

現在のユーザーを表すユーザーオブジェクト