Documentation

Documentation Menu
Go Back

散布図

散布図には、複数のデータセットが含まれています。 散布図は、データを個々のポイントとしてモデル化します。 各データ系列(addColumns()メソッドで作成)は、IDと値のセットを受け取る MultiValueColumnオブジェクト の新しいインスタンスで定義されます。 次の手順に従って、散布図を使用するようにポートレットを構成します。

  1. Chart taglibをScatterChartConfigクラスとMultiValueColumnクラスとともにバンドルのinit.jspファイルにインポートします。

    <%@ taglib prefix="chart" uri="http://liferay.com/tld/chart" %>
    <%@ page import="com.liferay.frontend.taglib.chart.model.point.scatter.ScatterChartConfig" %>
    <%@ page import="com.liferay.frontend.taglib.chart.model.MultiValueColumn" %>
    
  2. 次のJavaスクリプトレットをview.jspの先頭に追加します。

    <%
    ScatterChartConfig _scatterChartConfig = new ScatterChartConfig();
    
    _scatterChartConfig.addColumns(
      new MultiValueColumn("data1", 100, 20, 30),
      new MultiValueColumn("data2", 20, 70, 100));
    }
    %>
    
  3. <chart> taglibをview.jspに追加し、config属性の値として_scatterChartConfigを渡します。

    <chart:scatter
      config="<%= _scatterChartConfig %>"
    />
    

散布図は、データを個々のポイントとしてモデル化します。

これで、アプリの散布図を作成する方法がわかりました。

関連トピック