Documentation

Documentation Menu
Go Back

グラフを更新してリアルタイムデータを反映する

ポーリング間隔プロパティは、すべてのグラフのオプションのプロパティです。 グラフのデータが更新される時間をミリ秒単位で指定するものです。 このプロパティは、定期的に変更されるJSONファイルなど、あらゆる種類のリアルタイムデータを受信するグラフに使用できます。 これにより、チャートが最新になり、最新のデータが反映されるようになります。 次の手順に従って、リアルタイムデータを使用するようにグラフを構成します。

  1. 新しいJavaスクリプトレットを追加し、グラフのオブジェクトの新しいインスタンスを作成して、データをdata属性に配置します。 最後に、setPollingInterval()メソッドを使用してグラフのポーリング間隔を設定します。 view.jsp構成の例を以下に示します。

     ```java
     <%
     LineChartConfig _pollingIntervalLineChartConfig = new LineChartConfig();
    
     _pollingIntervalLineChartConfig.put("data", "/foo.json");
    
     _pollingIntervalLineChartConfig.setPollingInterval(2000);
    
     %>
     ```
    
  2. 次の例に示すように、Chart taglibのconfig属性を、最後の手順で作成した更新された構成オブジェクトに設定します。

     ```jsp
     <chart:line
         componentId="polling-interval-line-chart"
         config="<%= _pollingIntervalLineChartConfig %>"
     />
     ```
    

ポーリング間隔プロパティを使用すると、特定の間隔でグラフを更新して、リアルタイムデータを反映できます。

これで、リアルタイムデータをグラフに反映する方法がわかりました。

関連トピック